English

Home > 2015 Schedule > Suzuka Drift > Rd.2 Report

SUZUKA DRIFT
2015 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.2
May 16 - 17 at Suzuka Circuit East Course

コースコンディション:ドライ
公式入場者数:13,080名(2日間合計)

Rd.2 Report

大パワーマシンどうしの頂上決戦!
最速234.1km/hを出した齋藤が川畑を倒す!

Tanso Qualify

高山が連続100点オーバー!
  •  1st  
    高山 健司 GS350 [GRS191] TEAM MORI with GOODYEAR

     
  •  2nd  
    匂坂 晋治 アルテッツァ [SXE10]
  •  3rd  
    上野 高広 320i [E92]

 鈴鹿サーキットは、長い直線を加速して1コーナーに飛び込むレイアウトだ。単走で高得点をとるためには、車速にあった位置で振り出してコーナーに飛び込む必要があるが、このコースはその距離感の見きわめがむずかしい。また、この日の午前の練習走行は雨。競技時間にはドライ路面になり、ほとんどぶっつけ本番で距離感を合わせないといけないむずかしいコンディションだった。
 4番目の走者だった古口が99.86点をとると、2番目のグループの匂坂が100.01点をとって、トップに立つ。最後のAグループで高山が鋭い振りからアウトいっぱいまで使ったドリフトで、102.15点をマーク。トップに立つ。高山は2本目に、さらにスピードを上げた走りを成功させて102.64点と最高点を更新。1位通過した。

  •  Pick Up  
    末永 正雄 RX-7 [FD3S]

    末永(正)は、振り出し位置が手前になってしまい、競技区間後半でもいまひとつアクセルが踏めず、得点が伸びずに敗退した。
  •  Pick Up  
    箕輪 慎治 フェアレディZ [Z34]

    今季からZ34に乗る箕輪は、2本目に鋭い振りから、角度はやや浅いもののいいリズムの走りを見せて、予選通過を果たした。
◆ 単走予選 結果 ◆
Pos. No. Driver Car Score
1 5 高山 健司 GRS191 102.64
2 69 匂坂 晋治 SXE10 100.01
3 78 上野 高広 E92 99.91
4 14 村山 悌啓 S14 99.87
5 33 古口 美範 ZN6 99.86
6 57 廣田 友和 JZX110 99.85
7 87 齋藤 太吾 JZX100 99.62
8 63 畑中 真吾 JZX90 99.14
9 70 横井 昌志 S15 99.14
10 51 岩井 照宜 A35 99.08
11 15 佐久間 達也 S15 99.01
12 8 時田 雅義 GRS184 98.33
13 23 箕輪 慎治 Z34 98.16
14 28 藤尾 勉 ER34 97.85
15 97 寺町 邦彦 S15 97.71
16 77 松井 有紀夫 FD3S 97.16
17 1 高橋 邦明 GRX130 96.92
▲ 以上 単走決勝進出 ▲
18 30 中田 哲郎 JZX100 96.83
19 34 手塚 強 JZX100 96.44
20 72 北芝 倫之 S14 96.20
 
Pos. No. Driver Car Score
21 52 田中 裕司 JZA80 96.11
22 96 黒井 孝真 JZX100 95.36
23 7 末永 正雄 FD3S 94.65
24 58 久保 和寛 PS13 94.52
25 4 熊久保 信重 S15 94.43
26 24 木口 健治 C35 94.38
27 10 松山 北斗 JZX100 94.38
28 88 チョウ S15 93.92
29 38 深田 真弘 JZX100 93.65
30 44 河上 善計 S14 93.07
31 11 田口 和也 S15 93.00
32 64 今前田 隆敏 S15 92.87
33 17 フェデリコ CT9A 92.60
34 73 斎藤 育生 JZX100 92.38
35 13 バグシー JZX100 92.13
36 3 野村 謙 ER34 92.07
37 74 山元 純次 FD3S 90.35
38 18 ポン Z33 81.82
- 75 平島 明 S15 RETIRE
- 99 松川 和也 AE85 RETIRE
- 56 水戸 真之介 JZX100 RETIRE

Tanso Final

幸運を味方につけて今村が優勝
  •  1st  
    今村 陽一 86 [ZN6] OTG Motor Sports

     
  •  2nd  
    高山 健司 GS350 [GRS191]
  •  3rd  
    藤尾 勉 スカイライン [ER34]

 単走予選までは審判員の印象による加点が入ったが、単走決勝ではそれはなくなり、コースアウト等の減点がなければ機械採点による点数そのままで争われる。そのため、数値自体は単走予選より低くなった。
 まず前半のグループでは、藤尾が勢いのある振り出しからメリハリのあるドリフトを決めて98.25点を獲得した。
 後半のグループでは、高山が予選からの好調を維持し、2コーナーでアクセルを踏めない区間があったものの、99.16点をマーク。またしてもトップに立つ。いっぽうシード勢は、予選も走行していないため、ドライ路面での本番はほとんど一発勝負となり、なかなか高得点がとれずにいた。そのなかで、今村は走行したものの計測不良になり、走り直しとなる。
 その走り直し走行で、今村はひときわするどい振り出しから、角度は浅いながら、すかさずアクセルオン。高い車速でまわりきって99.44点という最高得点をマーク。単走優勝を果たした。

  •  Pick Up  
    村山 悌啓 シルビア [S14]

    昨年このラウンドから調子を上げた村山は、エンジン不調におちいっていたにもかかわらず、スムーズでスピードのある走りを見せて、7位に入った。
  •  Pick Up  
    古口 美範 86 [ZN6]

    第1戦ではミスをして予備予選敗退だった古口だが、このラウンドでは単走予選を上位通過。この単走決勝でも角度の大きい進入で高得点を獲得、6位に入った。
◆ 単走決勝 結果 ◆
Pos. No. Driver Car Score
1 60 今村 陽一 ZN6 99.44
2 5 高山 健司 GRS191 99.16
3 28 藤尾 勉 ER34 98.25
4 70 横井 昌志 S15 97.89
5 8 時田 雅義 GRS184 97.62
6 33 古口 美範 ZN6 97.51
7 14 村山 悌啓 S14 97.44
8 69 匂坂 晋治 SXE10 97.32
▲ 以上 追走予選免除 ▲
 
Pos. No. Driver Car Score
9 15 佐久間 達也 S15 97.06
10 1 高橋 邦明 GRX130 96.74
11 6 内海 彰乃 S15 96.06
12 23 箕輪 慎治 Z34 95.86
13 86 田所 義文 AE86 95.71
14 9 末永 直登 S15 95.59
15 97 寺町 邦彦 S15 95.43
16 63 畑中 真吾 JZX90 94.88
17 81 唄 和也 RPS13 94.86
18 77 松井 有紀夫 FD3S 94.18
19 51 岩井 照宜 A35 94.13
20 87 齋藤 太吾 JZX100 93.73
21 78 上野 高広 E92 93.21
22 22 田中 省己 S15 89.88
23 35 川畑 真人 R35 54.49
24 57 廣田 友和 JZX110 31.65
Tanso WINNER
今村 陽一
OTG Motor Sports
FALKEN PETRONAS OTG86 [ZN6]


 1本目は「8番手以内に入れればいいかな」っていうかんじで、そこそこ失敗をしなくて、つつかれようがない走りなら、8番手に入れるか、もしくは落ちたら落ちたでしょうがないかな、っていうかんじで走りました。
 それが、進入でちょっと引っかかって、ちょっと振られながら入っちゃったんですけど、運よくもう1本走れることになったから、スポッターとやりとりして、1本目の審判員のコメントで「1コーナーの振りがちょっとユルかったですね」って、そういうコメントが出てたっていうから、タイヤも冷えてたし状況はよくないけど、一か八か奥までいって振り出す走りにチャレンジしてみました。
 その結果得点も出たから、まぁよかったかな、と思います。ある意味ラッキーです。

Tsuiso Qualify

リタイヤ連発のサバイバル戦
  •  Pick Up Battle  
    畑中 真吾 [JZX90] vs 廣田 友和 [JZX110]

    初の追走進出となった畑中と、ひさしぶりの追走進出となった廣田の対戦。どちらもミスがあって判定はイーブンだったが、DOSS得点の差で廣田が勝ちあがった。

 ここ鈴鹿はアクセル全開区間が長いせいか、エンジントラブルが連発していた。前日の練習走行では松川が、本番でも村山がエンジンブロー。そしてこの追走予選のまえにも、練習走行でマシントラブルを起こした松井と田中(省)がリタイヤとなった。これによって、高橋と末永(直)が不戦勝。とくに排気管が割れていた高橋は、松井のリタイヤで助けられ、追走決勝までに突貫で修理することができた。
 初の追走進出となった畑中と、ひさしぶりの追走進出となった廣田の対戦は、まず廣田がコースアウトしたが、2本目には畑中がコースからハミ出し、判定はイーブンに。その結果、先行時のDOSS得点の差で廣田が勝った。
 佐久間vs唄という好勝負は、1本目に唄が適度な距離でついていってアドバンテージをとったのに対し、佐久間は後追い時にストレートで離れて差を詰めることができず、唄の勝ちとなった。
 それ以外の対戦は、パワーで上まわるランキング上位の選手がパワーを生かして勝ち上がった。

  •  Pick Up Battle  
    田所 義文 [AE86] vs 上野 高広 [E92]

    上野は後追い時には距離をつめられずアドバンテージがとれなかったものの、田所が後追い時にミスをして上野の勝ちとなった。
  •  Pick Up Battle  
    内海 彰乃 [S15] vs 岩井 照宜 [A35]

    加速でまさる内海に対し、岩井は後追いから寄せようとするが2コーナーで流される。2本目は内海がノーミスで走って内海が勝利。

Tsuiso Final Tournament

最強マシン対決は齋藤に軍配!
  •  Final Battle  
    齋藤 太吾 [JZX100] vs 川畑 真人 [R35]

 まずベスト16の今村vs廣田では、今村が後追いから近いドリフトを試みようとしたがドリフトが戻って敗北。匂坂vs唄では、やはり後追い時に近いところから振り出した唄が流されて匂坂が勝った。
 単走では絶好調だった高山だが、川畑にはビタビタに寄せられ、後追いからは寄せることができずに敗れた。
 ベスト4に勝ち上がったのは、廣田、齋藤、川畑、末永(直)。廣田vs齋藤は、齋藤が後追いから近い距離で合わせてアドバンテージを獲得。廣田は後追い時にストレートで大きく離されてアドバンテージをとれず、齋藤がひさしぶりの決勝進出を果たした。川畑vs末永(直)は、川畑先行時はイーブン。末永(直)先行時は川畑がビタビタにドリフトを寄せて川畑が勝った。なお3位決定戦は末永(直)が廣田に勝った。
 決勝は齋藤vs川畑。車両のパワー的には、現代のD1で最強ともいえる2台だ。しかし、川畑はクラッチが滑りかけていて、だましだましの走行で勝ち上がっていた。
 1本目は齋藤が先行。川畑は比較的近い距離でついていったものの、振ったあといちど振られて齋藤にアドバンテージがつく。2本目は川畑が10ランク(点数的には100点)の走りを決めたが、齋藤が234.1km/hの進入速度からノーミスでついていき、齋藤の勝ちとなった。

  •  3rd Place Battle  
    廣田 友和 [JZX110] vs 末永 直登 [S15]

    末永(直)は、飛び込みから廣田のインを差し、大きくアドバンテージを獲得。2本目は、廣田がストレートで大きく離されてアドバンテージをとれず、末永(直)が勝った。
  •  Pick Up Battle  
    横井 昌志 [S15] vs 齋藤 太吾 [JZX100]

    ベスト8、齋藤と対戦した横井は、ストレートでボンネットが開くトラブル。それでも果敢にテールを振り出して1コーナーに飛び込んだが、そこでドリフトをやめた。
Rd.2 WINNER
齋藤 太吾
SUNOCO FAT FIVE RACING
SUNOCO MONSTER LB★PERFORMANCE MARKⅡ [JZX100]


 練習から調子はよかったです。ただ、昨日はクラッチが滑ってたんで、単走ファイナルはあまりよくなかったんです。今日はクラッチを直して調子よくなったんで。で、逆に川畑さんは今日クラッチ滑ったんで、まぁ昨日滑っておいたほうがよかったかな、と。その差が結果に出ましたね(笑)。
 追走に入ってからも、安定して走れてたんで。まぁ、欲もそんなにかかないようにしたんで、危ない場面もそんなになかったと思います。無難に行きました。それほどミスせずに走れたんでよかったです。
 ひさしぶりに公式戦で優勝できて、なんかホントひさしぶりのかんじなんですけど、ちょっとホッとしてます。内容的にもまぁ満足ですね。

Result

◆ 総合順位 ◆
Pos. No. Driver Team Car Color Tire Point
1 87 齋藤 太吾 SUNOCO FAT FIVE RACING JZX100 ATR 35
2 35 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING R35 青/銀 TY 30
3 9 末永 直登 YUKE'S チームオレンジ S15 オレンジ YH 27
4 57 廣田 友和 GOODYEAR Racing with ST.GARAGE JZX110 GY 25
5 70 横井 昌志 D-MAX S15 YH 22
6 33 古口 美範 Team 広島トヨタ with DRoo-P ZN6 白/黒 FK 21
7 69 匂坂 晋治 YUKE'S チームオレンジ with SAGISAKA.SPL SXE10 YH 20
8 1 高橋 邦明 GOODYEAR Racing with TOPTUL GRX130 GY 19
9 60 今村 陽一 OTG Motor Sports ZN6 FK 17
10 5 高山 健司 TEAM MORI with GOODYEAR GRS191 GY 16
11 28 藤尾 勉 SOD-1 LINEUP RACING TEAM ER34 FD 15
12 8 時田 雅義 GOODYEAR Racing・Bee★R GRS184 ピンク/黒 GY 14
13 14 村山 悌啓 PACIFIC RACING TEAM with メガテック S14 FK 13
14 6 内海 彰乃 RC926 with TOYO TIRES S15 ベージュ TY 12
15 81 唄 和也 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. RPS13 GY 11
16 78 上野 高広 TEAM VERTEX E92 白/赤/黒 YH 10
17 15 佐久間 達也 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 8
18 23 箕輪 慎治 Team BOSS with POTENZA Z34 白/赤/黒 BS 7
19 86 田所 義文 TOYO TIRES with UESD AUTO PARTS TADOKORO AE86 青/黒 TY 6
20 97 寺町 邦彦 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. S15 オレンジ GY 5
21 63 畑中 真吾 YAKARA works with GOODYEAR JZX90 GY 4
22 77 松井 有紀夫 EXEDY R Magic D1 Racing FD3S ピンク FD 3
23 51 岩井 照宜 英知堂 with HID信玄 A35 白/灰 TY/- 2
24 22 田中 省己 SEIMI STYLE DRIFT with TOYO TIRES S15 TY 1
◆ 単走順位 ◆
Pos. No. Driver Team Car Color Tire Point
1 60 今村 陽一 OTG Motor Sports ZN6 FK 35
2 5 高山 健司 TEAM MORI with GOODYEAR GRS191 GY 30
3 28 藤尾 勉 SOD-1 LINEUP RACING TEAM ER34 FD 27
4 70 横井 昌志 D-MAX S15 YH 25
5 8 時田 雅義 GOODYEAR Racing・Bee★R GRS184 ピンク/黒 GY 22
6 33 古口 美範 Team 広島トヨタ with DRoo-P ZN6 白/黒 FK 21
7 14 村山 悌啓 PACIFIC RACING TEAM with メガテック S14 FK 20
8 69 匂坂 晋治 YUKE'S チームオレンジ with SAGISAKA.SPL SXE10 YH 19
9 15 佐久間 達也 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 16
10 1 高橋 邦明 GOODYEAR Racing with TOPTUL GRX130 GY 15
11 6 内海 彰乃 RC926 with TOYO TIRES S15 ベージュ TY 14
12 23 箕輪 慎治 Team BOSS with POTENZA Z34 白/赤/黒 BS 13
13 86 田所 義文 TOYO TIRES with UESD AUTO PARTS TADOKORO AE86 青/黒 TY 12
14 9 末永 直登 YUKE'S チームオレンジ S15 オレンジ YH 11
15 97 寺町 邦彦 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. S15 オレンジ GY 10
16 63 畑中 真吾 YAKARA works with GOODYEAR JZX90 GY 9
17 81 唄 和也 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. RPS13 GY 8
18 77 松井 有紀夫 EXEDY R Magic D1 Racing FD3S ピンク FD 7
19 51 岩井 照宜 英知堂 with HID信玄 A35 白/灰 TY/- 6
20 87 齋藤 太吾 SUNOCO FAT FIVE RACING JZX100 ATR 5
21 78 上野 高広 TEAM VERTEX E92 白/赤/黒 YH 4
22 22 田中 省己 SEIMI STYLE DRIFT with TOYO TIRES S15 TY 3
23 35 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING R35 青/銀 TY 2
24 57 廣田 友和 GOODYEAR Racing with ST.GARAGE JZX110 GY 1
◆ チーム順位 ◆
Pos. No. Team Car Color Tire Driver Point
1 87 SUNOCO FAT FIVE RACING JZX100 ATR 齋藤 太吾 26
2 35 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING R35 青/銀 TY 川畑 真人 20
3 9 YUKE'S チームオレンジ S15 オレンジ YH 末永 直登 15
4 57 GOODYEAR Racing with ST.GARAGE JZX110 GY 廣田 友和 10
Best
4
70 D-MAX S15 YH 横井 昌志 6
33 Team 広島トヨタ with DRoo-P ZN6 白/黒 FK 古口 美範 6
69 YUKE'S チームオレンジ with SAGISAKA.SPL SXE10 YH 匂坂 晋治 6
1 GOODYEAR Racing with TOPTUL GRX130 GY 高橋 邦明 6
Best
16
60 OTG Motor Sports ZN6 FK 今村 陽一 3
5 TEAM MORI with GOODYEAR GRS191 GY 高山 健司 3
28 SOD-1 LINEUP RACING TEAM ER34 FD 藤尾 勉 3
8 GOODYEAR Racing・Bee★R GRS184 ピンク/黒 GY 時田 雅義 3
14 PACIFIC RACING TEAM with メガテック S14 FK 村山 悌啓 3
6 RC926 with TOYO TIRES S15 ベージュ TY 内海 彰乃 3
81 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. RPS13 GY 唄 和也 3
78 TEAM VERTEX E92 白/赤/黒 YH 上野 高広 3
Best
24
15 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 佐久間 達也 1
23 Team BOSS with POTENZA Z34 白/赤/黒 BS 箕輪 慎治 1
86 TOYO TIRES with UESD AUTO PARTS TADOKORO AE86 青/黒 TY 田所 義文 1
97 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. S15 オレンジ GY 寺町 邦彦 1
63 YAKARA works with GOODYEAR JZX90 GY 畑中 真吾 1
77 EXEDY R Magic D1 Racing FD3S ピンク FD 松井 有紀夫 1
51 英知堂 with HID信玄 A35 白/灰 TY/- 岩井 照宜 1
22 SEIMI STYLE DRIFT with TOYO TIRES S15 TY 田中 省己 1
Page Top Return
Copyright ©  Sunpros Co.,Ltd. All Rights Resarved.