English

Home > 2015 Schedule > Tokyo Drift > Rd.1 Report

TOKYO DRIFT
18 Sat. 2015 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.1
19 Sun. 2015 D1 GRAND PRIX ULTIMATE 24
April 18-19 at Odaiba Special Course

コースコンディション:ドライ
公式入場者数:18日(土)5,693名 19日(日)6,521名

Rd.1 Report

Tanso Pre-Qualify

時田が脅威の101.46点でトップ通過!
  •  1st  
    時田 雅義 クラウン [GRS184] GOODYEAR Racing・Bee★R

     
  •  2nd  
    エス アルテッツァ [SXE10]
  •  3rd  
    藤野 秀之 180SX [RPS13]

 2015年の開幕戦は、本会場とは別の特設会場で予備予選がおこなわれた。昨年度のランキング24位までは予備予選を免除される。予備予選には27名が出走し、12名が通過できる。
 採点はDOSS+審判員の印象評価だ。ラインの重要性は少なくなったがコースアウトは減点される。そのなかで、高い進入速度と鋭い振り出し、そしていちはやくアクセルを踏んで旋回していくことが高得点につながったようだった。
 D1ストリートリーガルシリーズ(D1グランプリシリーズの下位カテゴリー)で優勝経験のある藤野がまず100点オーバーをとると、エスが強烈な振り出しでそれをうわまわったが、最後のグループで走行した時田が、見事な振り出しで大きな角度をつけ、その角度からスムーズに2コーナーまでをまわって最高得点をマークした。

  •  Pick Up  
    古口 美範 86 [ZN6]

    今季からTeam 広島トヨタ with DRoo-Pの86に乗る古口は、奥めから振り出す攻めの走りを見せたがスポンジにヒットして減点。2本目もオーバーランし、敗退となった。
  •  Pick Up  
    野村 謙 スカイライン [ER34]

    スカイラインにマシンチェンジをして復活を目指す野村は、練習走行で好調な走りを披露していた。しかし本番の1本目は振り出しで引っかかり、2本目も振り出しに鋭さが足りず予備予選通過はならなかった。
◆ 予備予選 結果 ◆
Pos. No. Driver Car Score
1 8 時田 雅義 GRS184 101.46
2 59 エス SXE10 100.52
3 66 藤野 秀之 RPS13 100.45
4 51 岩井 照宜 A35 100.37
5 28 藤尾 勉 ER34 100.12
6 52 田中 裕司 JZA80 100.05
7 75 平島 明 S15 100.04
8 69 匂坂 晋治 SXE10 99.71
9 96 黒井 孝真 JZX100 99.04
10 71 神谷 幸助 RPS13 98.69
11 57 廣田 友和 JZX110 98.58
12 54 味元 美智恵 PRS13 98.50
▲ 以上 予選進出 ▲
13 58 久保 和寛 PS13 98.48
 
Pos. No. Driver Car Score
14 63 畑中 真吾 JZX90 98.24
15 30 中田 哲郎 JZX100 97.89
16 10 松山 北斗 JZX100 97.74
17 73 斎藤 育生 JZX100 97.53
18 44 河上 善計 S14 97.00
19 11 田口 和也 S15 96.78
20 33 古口 美範 ZN6 96.46
21 3 野村 謙 ER34 96.01
22 62 高宮 悠樹 JZX110 95.90
23 64 今前田 隆敏 S15 95.59
24 38 深田 真弘 JZX100 94.92
25 56 水戸 真之介 JZX100 94.08
26 65 奥村 脩樹 A31 64.10
- 24 木口 健治 C35 RETIRE

Tanso Qualify

内海が完成度の高い走りで1位通過!
  •  1st  
    内海 彰乃 シルビア [S15] RC926 with TOYO TIRES

     
  •  2nd  
    時田 雅義 クラウン [GRS184]
  •  3rd  
    藤野 秀之 180SX [RPS13]

 単走予選は、前日の予備予選からは会場を移して、お台場の本コースで開催された。前日同様ライン指定はなく、コースアウト以外の審判員減点はない。とはいえ、やはり進入の振りの鋭さ、角度の大きさ、2コーナーまでの姿勢の安定性が評価の決め手となった。
 前日の上位選手も明暗がわかれた。時田は2位となる得点を出したほか、藤野や平島も100点オーバーをマーク。いっぽうで岩井は得点が伸びず敗退した。
 トップ通過したのは内海。2年まえほどの圧倒的なスピードはないものの、完成度の高い走りで時田の得点をうわまわって最高得点をマークした。

  •  Pick Up  
    箕輪 慎治 フェアレディZ [Z34]

    Z34をデビューさせたTeam BOSS with POTENZAの箕輪だったが、まだクルマの熟成が不十分で、1本目は抑えすぎ、2本目はスピンをしてしまって敗退した。
  •  Pick Up  
    味元 美智恵 180SX [RPS13]

    前日もギリギリ通過だった味元だが、この単走予選でも車速はいまひとつながらするどい振りを見せて16位というギリギリの順位で通過。単走決勝進出を決めた。
◆ 単走予選 結果 ◆
Pos. No. Driver Car Score
1 6 内海 彰乃 S15 100.96
2 8 時田 雅義 GRS184 100.75
3 66 藤野 秀之 RPS13 100.51
4 9 末永 直登 S15 100.31
5 81 唄 和也 RPS13 100.25
6 75 平島 明 S15 100.15
7 87 齋藤 太吾 JZX100 100.06
8 52 田中 裕司 JZA80 100.00
9 97 寺町 邦彦 S15 99.93
10 86 田所 義文 AE86 99.55
11 15 佐久間 達也 S15 99.48
12 22 田中 省己 S15 99.48
13 34 手塚 強 JZX100 99.45
14 18 ポン Z33 99.43
15 28 藤尾 勉 ER34 99.30
16 54 味元 美智恵 PRS13 99.29
▲ 以上 単走決勝進出 ▲
 
Pos. No. Driver Car Score
17 59 エス SXE10 98.52
18 51 岩井 照宜 A35 98.45
19 4 熊久保 信重 S15 98.40
20 57 廣田 友和 JZX110 98.23
21 88 チョウ S15 97.85
22 17 フェデリコ CT9A 97.62
23 99 松川 和也 AE85 97.61
24 61 アーツー S15 97.58
25 25 織戸 学 ZN6 97.56
26 96 黒井 孝真 JZX100 96.73
27 71 神谷 幸助 RPS13 95.92
28 69 匂坂 晋治 SXE10 95.65
29 23 箕輪 慎治 Z34 95.02
30 14 村山 悌啓 S14 94.84
31 13 バグシー JZX100 91.09
32 78 上野 高広 E92 RETIRE

Tanso Final

スピードとキレで平島が初優勝!
  •  1st  
    平島 明 シルビア [S15] TKL with D-MAX

     
  •  2nd  
    末永 直登 シルビア [S15]
  •  3rd  
    高橋 邦明 マークX [GRX130]

 前日と同会場ではあるが、コースは後半が変更され、往復をする長いレイアウト設定となった。またこの単走決勝では人間の審判員はコースアウト等の減点をするのみとなり、それ以外はDOSSのみの得点で争われる。
 まず藤尾、田所、齋藤が98点台を出してきたが、D1グランプリシリーズ参戦2年目の平島が、高い車速からキレのいい振り出し、そしてそこから1コーナー、2コーナーへと高い車速を持続するドリフトで99.52点をマーク、トップに立った。
 末永(直)は猛烈な振り出しを見せたが、その先でわずかなふらつきがあり、99.51点とわずかにおよばない。その後、99点台を出した選手は多かったが、日比野はややスピードが抑えぎみで99.46点、高橋もきれいな振りとスムーズなドリフトを見せたが、最後のセクターの得点が伸びず、99.47点。平島が逃げ切って初の単走優勝となった。

  •  Pick Up  
    齋藤 太吾 マークⅡ [JZX100]

    大きめの逆振りを入れたせいか、あまり進入速度が伸びず、飛び込んでからもアクセルを踏めない時間があった齋藤は98点台後半をマークしたものの、上位8人には入れなかった。
  •  Pick Up  
    横井 昌志 シルビア [S15]

    129.8km/hというトップの進入速度をマークした横井だが、ややオーバースピードだったのか、アクセルを踏めない時間があり、飛び込んだあとの得点が低かった。
◆ 単走決勝 結果 ◆
Pos. No. Driver Car Score
1 75 平島 明 S15 99.52
2 9 末永 直登 S15 99.51
3 1 高橋 邦明 GRX130 99.47
4 53 日比野 哲也 S15 99.46
5 70 横井 昌志 S15 99.24
6 66 藤野 秀之 RPS13 99.03
7 60 今村 陽一 ZN6 99.00
8 81 唄 和也 RPS13 98.93
▲ 以上 追走予選免除 ▲
 
Pos. No. Driver Car Score
9 87 齋藤 太吾 JZX100 98.82
10 28 藤尾 勉 ER34 98.80
11 5 高山 健司 GRS191 98.22
12 35 川畑 真人 R35 98.17
13 86 田所 義文 AE86 98.00
14 6 内海 彰乃 S15 97.80
15 54 味元 美智恵 PRS13 97.79
16 15 佐久間 達也 S15 97.39
17 8 時田 雅義 GRS184 96.65
18 34 手塚 強 JZX100 96.41
19 77 松井 有紀夫 FD3S 95.84
20 7 末永 正雄 FD3S 95.61
21 52 田中 裕司 JZA80 94.52
22 18 ポン Z33 92.53
23 97 寺町 邦彦 S15 88.43
24 22 田中 省己 S15 74.00
Tanso Winner
平島 明
TKL with D-MAX
TKL/REMS/DIXCEL S15 SILVIA [S15]


 去年から仕様変更とかあまりなくて、ナックルとか足まわりを一新してきたくらいなんです。
 だけど、去年はD1のイベント以外ではほとんどこのクルマに乗ってなくて、それでクルマともお友達になれなかったということがあったので、今年はオフシーズンにけっこう乗り込んだっていうんが結果的によかったのかなっていうかんじです。
 セット的にもよくなってきたんで。今回はセクター1(※振り出し区間)ちゃんとやって、セクター2(※1コーナー)でアクセルをきっちり踏めるような体勢のつけかたを考えかたをやったら、うまくはまりました。いや〜うれしいですね。率直にうれしいです。

Tsuiso Qualify

昨年最終戦の決勝対戦が実現!
  •  Pick Up Battle  
    川畑 真人 [R35] vs 末永 正雄 [FD3S]

     

 佐久間vs田中(省)の好カードは、おたがい接近しつつも完全に相手をとらえきるにはいたらず合計でイーブンの判定。先行時のランクの差で田中(省)が勝った。
 そして4組目には昨年最終戦の決勝とおなじ、川畑vs末永(正)のカードがいきなり実現した。1本目は末永(正)が1コーナーから近い距離のドリフトを見せて1.5のアドバンテージを獲得するが、川畑は進入からさらに距離の近いドリフトをして2.0のアドバンテージを取って逆転。川畑が勝った。
 藤尾vs手塚もおたがいに相手との距離を詰める好勝負だったが、わずかな差で藤尾の勝ちとなった。

  •  Pick Up Battle  
    味元 美智恵 [RPS13] vs 寺町 邦彦 [S15]

    ストレートで離されてしまった寺町が後追いでアドバンテージをとれなかったのに対し、味元は後追いで0.5のアドバンテージを獲得。女性ドライバー初の追走勝利を挙げた。
  •  Pick Up Battle  
    高山 健司 [GRS191] vs 松井 有紀夫 [FD3S]

    高山vs松井は、松井が近いながらもやや姿勢が乱れ、高山は入り込むところまではいけず、合計アドバンテージはイーブン。DOSS得点の差で高山が勝った。

Tsuiso Final Tournament

川畑がGT-R初優勝!
  •  Final Battle  
    川畑 真人 [R35] vs 藤野 秀之 [RPS13]

 ベスト16では単走優勝の平島が、テールをスポンジに引っかけてクラッシュして敗退。齋藤は1コーナーで唄に接触してバランスを崩して敗れた。借りもの車両の日比野はハーフスピンをして敗退。昨年の王者・高橋は寄せた距離の差で内海に敗れた。
 ベスト4に勝ち上がったのは、田中(省)、川畑、末永(直)、藤野の4人だ。川畑vs田中(省)は、川畑の接近ドリフトと田中(省)のクラッシュで川畑が勝った。末永(直)vs藤野は、藤野がビタビタの接近ドリフトを決めたいっぽう、末永(直)は寄せることができず、藤野が勝った。
 決勝は川畑vs藤野。D1ストリートリーガルシリーズ(D1グランプリシリーズの下位カテゴリー)で優勝経験があり、ほかにもドリフトマッスル(ドリフト競技シリーズ)でシリーズチャンピオンを獲ったこともある藤野は、川畑の練習仲間だ。
 1本目は川畑が先行。藤野は1コーナーで川畑をとらえるが、川畑がハーフスピンしかけたのを見て回避しようとしてスピン。しかし川畑はパワーと切れ角にものをいわせてそのまままわっていってしまう。これで川畑に大きくアドバンテージがついた。
 2本目は川畑が進入から接近ドリフトを見せたものの、審判席まえで藤野をプッシュしてしまう。しかし、そこまでの走りであるていどポイントをかせいでいたため、アドバンテージの差で川畑の勝ちとなった。

  •  3rd Place Battle  
    田中 省己 [S15] vs 末永 直登 [S15]

    3位決定戦の田中(省)vs末永(直)は、相手にアドバンテージを取られれば、また取り返すという展開で、3本ずつ先行と後追いをしても判定はイーブン。最後は先行時のDOSSランクの差で末永(直)が勝った。
  •  Pick Up Battle  
    末永 直登 [S15] vs 今村 陽一 [ZN6]

    追走を得意とする今村と末永(直)がベスト8で対戦。両者距離の近いドリフトを見せて再戦にもつれこんだが、今村はオイルクーラーが破損してリタイヤとなった。
Rd.1 WINNER
川畑 真人
Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING
GReddy 35RX Spec-D [R35]


 この開幕までのシーズンオフのあいだにクルマの仕様変更もさらに煮詰めて、すごく角度に強い仕様にしてもらったんですよ。で、それがけっこうこのお台場のコースにすごいマッチしてて、すごいクルマとの一体感があったんですよね。
 それで順当に単走からいけるんじゃないかなっていう流れがあったんですけど、単走でまずやりすぎてしまい、追走に入ってからもね、ちょっと危なっかしい場面があったんです。
 けど……まぁ、決勝戦ですよね……走り仲間の藤野センパイがね、前走ってたり、後ろ走ってたりすると、変なスイッチが入っちゃいましたね。そこ、きれいな形で勝てるのがいちばん理想だったんですけど、まぁ勝ちは勝ちなので。
 とりあえずシリーズの優勝ができたんで、まずはうれしいです。ありがとうございました。

Result

◆ 総合順位 ◆
Pos. No. Driver Team Car Color Tire Point
1 35 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING R35 青・銀 TY 35
2 66 藤野 秀之 WISTERIA RPS13 NK 30
3 9 末永 直登 YUKE'S チームオレンジ S15 オレンジ YH 27
4 22 田中 省己 SEIMI STYLE DRIFT with TOYO TIRES S15 TY 25
5 60 今村 陽一 OTG Motor Sports ZN6 FK 22
6 81 唄 和也 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. RPS13 GY 21
7 86 田所 義文 TOYO TIRES with UESD AUTO PARTS TADOKORO AE86 青・黒 TY 20
8 6 内海 彰乃 RC926 with TOYO TIRES S15 ベージュ TY 19
9 75 平島 明 TKL with D-MAX S15 NK 17
10 1 高橋 邦明 GOODYEAR Racing with TOPTUL GRX130 GY 16
11 53 日比野 哲也 チーム日比野 with YMS S15 ZT 15
12 70 横井 昌志 D-MAX S15 YH 14
13 87 齋藤 太吾 SUNOCO FAT FIVE RACING JZX100 ATR 13
14 28 藤尾 勉 SOD-1 LINEUP RACING TEAM ER34 FD 12
15 5 高山 健司 TEAM MORI with GOODYEAR GRS191 GY 11
16 54 味元 美智恵 QUARTERMAILE RACING RPS13 水色 TY 10
17 15 佐久間 達也 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 8
18 8 時田 雅義 GOODYEAR Racing・Bee★R GRS184 ピンク・黒 GY 7
19 34 手塚 強 GOODYEAR Racing with Bee★R JZX100 GY 6
20 77 松井 有紀夫 EXEDY R Magic D1 Racing FD3S ピンク FD 5
21 7 末永 正雄 Team RE雨宮 GruppeM FD3S 水色 YH 4
22 52 田中 裕司 魂同組 with NICHIEI JZA80 赤黒 ATR 3
23 18 ポン Kleers with TOYO TIRES Z33 白・紺 TY 2
24 97 寺町 邦彦 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. S15 オレンジ GY 1
◆ 単走順位 ◆
Pos. No. Driver Team Car Color Tire Point
1 75 平島 明 TKL with D-MAX S15 NK 35
2 9 末永 直登 YUKE'S チームオレン S15 オレンジ YH 30
3 1 高橋 邦明 GOODYEAR Racing with TOPTUL GRX130 GY 27
4 53 日比野 哲也 チーム日比野 with YMS S15 ZT 25
5 70 横井 昌志 D-MAX S15 YH 22
6 66 藤野 秀之 WISTERIA RPS13 NK 21
7 60 今村 陽一 OTG Motor Sports ZN6 FK 20
8 81 唄 和也 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. RPS13 GY 19
9 87 齋藤 太吾 SUNOCO FAT FIVE RACING JZX100 ATR 16
10 28 藤尾 勉 SOD-1 LINEUP RACING TEAM ER34 FD 15
11 5 高山 健司 TEAM MORI with GOODYEAR GRS191 GY 14
12 35 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING R35 青・銀 TY 13
13 86 田所 義文 TOYO TIRES with UESD AUTO PARTS TADOKORO AE86 青・黒 TY 12
14 6 内海 彰乃 RC926 with TOYO TIRES S15 ベージュ TY 11
15 54 味元 美智恵 QUARTERMAILE RACING RPS13 水色 TY 10
16 15 佐久間 達也 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 9
17 8 時田 雅義 GOODYEAR Racing・Bee★R GRS184 ピンク・黒 GY 8
18 34 手塚 強 GOODYEAR Racing with Bee★R JZX100 GY 7
19 77 松井 有紀夫 EXEDY R Magic D1 Racing FD3S ピンク FD 6
20 7 末永 正雄 Team RE雨宮 GruppeM FD3S 水色 YH 5
21 52 田中 裕司 魂同組 with NICHIEI JZA80 赤・黒 ATR 4
22 18 ポン Kleers with TOYO TIRES Z33 白・紺 TY 3
23 97 寺町 邦彦 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. S15 オレンジ GY 2
24 22 田中 省己 SEIMI STYLE DRIFT with TOYO TIRES S15 TY 1
◆ チーム順位 ◆
Pos. No. Team Car Color Tire Driver Point
1 35 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING R35 青・銀 TY 川畑 真人 26
2 66 WISTERIA RPS13 NK 藤野 秀之 20
3 9 YUKE'S チームオレンジ S15 オレンジ YH 末永 直登 15
4 22 SEIMI STYLE DRIFT with TOYO TIRES S15 TY 田中 省己 10
Best
4
60 OTG Motor Sports ZN6 FK 今村 陽一 6
81 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. RPS13 GY  和也 6
86 TOYO TIRES with UESD AUTO PARTS TADOKORO AE86 青・黒 TY 田所 義文 6
6 RC926 with TOYO TIRES S15 ベージュ TY 内海 彰乃 6
Best
16
75 TKL with D-MAX S15 NK 平島 明 3
1 GOODYEAR Racing with TOPTUL GRX130 GY 高橋 邦明 3
53 チーム日比野 with YMS S15 ZT 日比野 哲也 3
70 D-MAX S15 YH 横井 昌志 3
87 SUNOCO FAT FIVE RACING JZX100 ATR 齋藤 太吾 3
28 SOD-1 LINEUP RACING TEAM ER34 FD 藤尾 勉 3
5 TEAM MORI with GOODYEAR GRS191 GY 高山 健司 3
54 QUARTERMAILE RACING RPS13 水色 TY 味元 美智恵 3
Best
24
15 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 佐久間 達也 1
8 GOODYEAR Racing・Bee★R GRS184 ピンク・黒 GY 時田 雅義 1
34 GOODYEAR Racing with Bee★R JZX100 GY 手塚 強 1
77 EXEDY R Magic D1 Racing FD3S ピンク FD 松井 有紀夫 1
7 Team RE雨宮 GruppeM FD3S 水色 YH 末永 正雄 1
52 魂同組 with NICHIEI JZA80 赤・黒 ATR 田中 裕司 1
18 Kleers with TOYO TIERS Z33 白・紺 TY ポン 1
97 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. S15 オレンジ GY 寺町 邦彦 1
Page Top Return
Copyright ©  Sunpros Co.,Ltd. All Rights Resarved.