Home > Schedule > Suzuka Drift > Report

SUZUKA DRIFT
2014 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.2
May 24-25, at Suzuka Circuit

コースコンディション:ドライ
公式入場者数:14,520人(2日間合計)

Round 2 Report

攻めすぎた末永正雄が痛恨のミス!
高山健司(TEAM MORI with GOODYEAR)が初優勝!

Tanso Qualify - 単走予選

川畑が圧倒の進入速度でトップ通過!

  •  1st   川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING
    「まぐれです。『パキン』という振りをねらってはいたけど、あんなにうまくいくとは思わなかった。でもクルマの調整がギリギリうまくいったかんじですね」という川畑が最高得点をマークした。
  •  2nd   佐久間 達也
  •  3rd   日比野 哲也

 鈴鹿サーキットは長いストレートを加速区間として1コーナーに飛び込むレイアウトだ。D1GP開催コースのなかでももっとも進入速度は高い。そして高得点をとる重要なポイントは、1コーナーに対して適切な位置で振り出すことだ。それができないと飛び出してしまったり、車速が落ちてしまって点が伸びなくなる。しかし単走予選では適切な位置までガマンできずに手前で振り出してしまい、点が伸びない選手が多かった。
 午前の練習走行でエンジンが壊れた谷口はブーストを下げて走行し、本来の走りができず敗退。野村はまたしてもエンジンが吹けずに敗退した。このラウンドでは熊久保、末永(正)がニューマシンを投入したが、3ローターを積んだRX-7の末永(正)は上位で通過。いっぽうアメリカンV8エンジンをシルビアに積んだ熊久保は、いまひとつスピードや振りの鋭さがなく敗退した。そしてGT-Rで2戦目となる川畑が高い車速から大きな角度をつけて、アウトいっぱいでキッチリまわりきり、101.40という最高得点をマークした。

  •  Pick Up   今村 陽一

    事前テストによりマシンは熟成されてきていたが、練習走行でリヤサスペンションを破損しコースアウト。それによってリヤのアーム類がすべてもげてしまって、リタイヤになった。
  •  Pick Up   熊久保 信重

    S15シルビアにアメリカンV8エンジンを搭載した熊久保。順調そうに練習走行を重ねていたが、ギリギリ完成した車両なだけにセットアップが煮詰まりきっていないのか得点は伸び悩み、ここで敗退した。
単走予選結果
Pos. No. Driver Car Best Score
1 1 川畑 真人 R35 101.40
2 15 佐久間 達也 S15 100.72
3 86 日比野 哲也 ZN6 99.55
4 25 織戸 学 ZN6 99.36
5 7 末永 正雄 FD3S 99.22
6 78 上野 高広 E92 98.61
7 51 岩井 照宜 A35 98.60
8 77 松井 有紀夫 FD3S 98.41
9 5 高山 健司 GRS191 98.16
10 69 匂坂 晋治 SXE10 97.91
11 14 村山 悌啓 S14 97.78
12 72 西田 ラビー JZX90 97.48
13 20 大嶋 友浩 GZ20 97.30
14 52 田中 裕司 JZA80 97.15
15 8 時田 雅義 GRS184 96.98
16 2 斎藤 太吾 GSE20 96.74
▲ 以上 単走予選通過 ▲
17 48 北芝 倫之 S14 96.63
18 57 廣田 友和 JZX110 96.60
19 43 田所 義文 RPS13 96.52
20 88 藤中 学 FD3S 96.52
21 97 寺町 邦彦 S15 96.32
22 55 E.Amandio JZX100 96.05
23 27 小橋 正典 CT9A 96.00
24 98 長谷川 大祐 RPS13 95.80
25 3 野村 謙 ZN6 95.33
 
Pos. No. Driver Car Best Score
26 75 平島 明 S15 95.16
27 4 熊久保 信重 S15 94.97
28 87 谷口 信輝 ZN6 94.85
29 56 久保田 敏彦 AE86 94.71
30 67 谷口 敦史 JZX100 94.63
31 17 稲岡 優樹 ER34 93.50
32 44 河上 善計 S14 93.16
33 73 久保 和寛 PS13 92.62
34 30 中田 哲郎 JZX100 91.50
35 64 中村 大輔 JZS161 91.45
36 22 田中 省己 S15 90.78
37 59 山元 純次 FD3S 90.28
38 45 S.Chanatpon SXE10 90.09
39 23 箕輪 慎治 S15 89.14
40 41 味元 美智恵 S14 88.94
41 68 斎藤 育生 JZX100 88.57
42 61 馮 仁稚 S15 83.78
43 38 深田 真弘 JZX100 83.07
44 18 D.Toyingcharoen Z33 81.63
45 65 高宮 悠樹 JZX110 72.16
46 71 水戸 真之介 JZX100 0.00
- 60 今村 陽一 ZN6 RETIRE
- 62 A.Gray JZX100 RETIRE
- 63 黒井 孝真 JZX100 RETIRE
- 33 村上 満 RPS13 RETIRE
- 39 高橋 雄一郎 JZS160 RETIRE
- 28 藤尾 勉 ER34 RETIRE

Tanso Final - 単走決勝

織戸が渾身の飛び込みで優勝!

  •  1st   織戸 学 MAX ORIDO RACING

    多くの選手と比べて、圧倒的に奥まで突っ込んでから振り出していた織戸。2コーナーでインにつけないことは想定していたうえで、コーナー前半で点をとりにいったという。
  •  2nd   岩井 照宜
  •  3rd   村山 悌啓

 単走決勝は上位8人に入ると追走予選が免除されるが、下位になっても脱落することはない。そのため、単走予選に比べると失敗を恐れない攻めの走りが増えた。また、審判席前アウト側のハミ出しは減点対象となるが、オーバースピード気味のハミ出しの場合は、DOSS得点が高くなることと、審判員加点も入ることから相殺するとプラスに出ることも多かったようで、飛び出すか飛び出さないかギリギリの走りを試みるドライバーも多かった。
 そのなかで、最初に出走した昨年の単走勝者・斎藤は、1コーナーの奥で角度が戻ったこともあって、高得点がとれない。いっぽう村山が高い車速を維持しつつメリハリもある走りで100.25点を獲得。さらにシャルマンの岩井が奥めでの振り出しからバツグンの踏みっぷりとコーナリングスピードを見せて、100.43という得点をマークし、トップに立った。
 そして織戸が、ストレートの奥までめいっぱい加速してから鋭く振り出し、一気に大きな角度をつけて1コーナーをまわり、2コーナーではアウトに流されてクリッピングポイントを通過できなかったものの、圧倒的なコーナリングスピードなどによるDOSS得点と審判員加点が、減点要素をカバーし、101.23という得点をマーク。トップに立った。前戦の2位である片岡はエンジン不調で本来の走りができず、おなじく1位だった松川は、リズムを崩してハーフスピンをするなど、織戸の得点を上まわるドライバーは出ず、織戸の単走優勝となった。

  •  Pick Up   松川 和也

    「単走だけなら勝負になる」と意気込んでいた松川だったが、単走決勝では進入でハーフスピンしてしまい得点は伸ばせず19位。追走予選からのスタートとなった。
  •  Pick Up   高山 健司

    DOSSのみで99.65点を出した高山は、その後ラインで1点も減点されたにもかかわらずトップ8圏内に留まり、追走決勝からのスタートを決めた。
単走決勝結果
Pos. No. Driver Car Best Score
1 25 織戸 学 ZN6 101.23
2 51 岩井 照宜 A35 100.43
3 14 村山 悌啓 S14 100.25
4 86 日比野 哲也 ZN6 99.84
5 92 高橋 邦明 GRX130 99.81
6 9 末永 直登 S15 99.08
7 5 高山 健司 GRS191 98.65
8 78 上野 高広 E92 98.50
9 7 末永 正雄 FD3S 97.88
10 6 内海 彰乃 S15 97.77
11 70 横井 昌志 S15 97.75
12 81 唄 和也 RPS13 97.37
13 2 斎藤 太吾 GSE20 96.51
14 8 時田 雅義 GRS184 96.06
15 52 田中 裕司 JZA80 94.04
16 34 手塚 強 BNR34 93.28
17 72 西田 ラビー JZX90 93.04
18 19 片岡 龍也 JZA80 90.83
19 99 松川 和也 AE85 88.31
20 20 大嶋 友浩 GZ20 69.43
21 69 匂坂 晋治 SXE10 63.05
22 1 川畑 真人 R35 56.66
23 15 佐久間 達也 S15 47.51
24 77 松井 有紀夫 FD3S  

Tanso Wenner - 単走優勝

織戸 学
MAX ORIDO RACING


 現場に来てから、足まわりを……来るあいだにいろいろ考えたことをトライしたら、すごくそれがハマっていいかんじになりました。
 ここけっこう高速コーナーなんで、比較的フロントも逃げやすいんですよ。走り的にはとにかくリヤを思いきり振り出して、アクセルで止めながら、そのためのフロントの接地感みたいなのを出すようなセットアップをやりました。それがけっこういい方向で、今回ミスも少なかったし、比較的安定して同じような走りができてた。練習のときからいい手ごたえで走ってたんですけど、今回の単走のときはそれ以上の走りを狙って、うまくハマったかなと思ってます。
 やっといま不安要素もなくなってる状態なんで、エンジンも、いろいろな部分も。この勢いを次につなげたいな、と思ってます。

Tsuiso Qualify - 追走予選

松川と片岡は早期敗退!

  •  Pick Up Battle  
    手塚 強 [JZX100] vs 松井 有紀夫 [FD3S]
    ニューマシンにもかかわらず「なんの違和感もなく乗れる」といっていた手塚だが、思いきって松井のインをねらった結果、オーバーランしてしまった。
  •  Pick Up Battle  
    横井 昌志 [S15] vs 松川 和也 [AE85]
    D1SLのチャンピオン経験者同士の対決となった横井vs松川の対戦は、終始安定感のあった横井に対し、松川が後追いの飛び込みでやや無理をしたせいか、ミスが出て敗れた。

 追走予選には、まずこのラウンドで新しいマークIIを投入した手塚が登場。松井に対して近い距離から攻めていったが、オーバーランをしてしまったためアドバンテージはとれず敗北した。
 田中(裕)と佐久間の対戦は、1本目に佐久間がアウトに流されて田中がアドバンテージを取ったが、2本目は田中がオーバーランしてしまい、佐久間が逆転勝ちした。内海vs片岡は内海が後追いからビタビタの追走を決め、横井vs松川は松川が流されぎみになって失速し、片岡、松川の2戦連続の上位進出はならなかった。また川畑は多少姿勢が乱れながらも時田に対して近い追走を決め、GT-Rでの追走初勝利を決めた。

Tsuiso Final - 追走決勝

攻めすぎた末永(正)のミスで高山が優勝!

  •  Final Battle   末永 正雄 [FD3S] vs 高山 健司 [GRS191]

    決勝。先行の走りには自信があったという高山に対し、攻めていった末永(正)だが、リヤタイヤが1輪コース外に落ちてしまったことで距離感がズレて、接触してしまったという。そしてコースアウト。
  •  

 ベスト16では末永(正)と対戦した上野がドリフト中にエンジンがストールして敗退。斎藤vs日比野は斎藤が日比野のインを差すまではいかず、日比野は斎藤に離されつつもきっちり自分の走りを見せて2本とも判定は五分。そのため先行時のDOSS得点の差で日比野が勝った。内海はウォームアップ時にスロットルトラブルで動けなくなったために判定が1ポイント減算となり、その後走行することはできたが、そのポイント減算が決め手となって敗退。川畑は走行前にエンジンがかからなくなって走行できず、村山に敗れた。
 ベスト8では佐久間が1本目にエンジン不調でまともにドリフトできず高山が勝利。末永(直)は村山のインを差したもののドリフトが戻ってしまって敗退した。
 ベスト4に勝ち上がったのは末永(正)、高橋、高山、村山の4人。末永(正)vs高橋は、高橋が近い距離から振り出していったが、末永(正)に接触してしまって末永(正)の勝ち。高山vs村山は、村山が慣れない高速域での追走でミスをして高山が勝った。高橋vs村山のカードとなった3位決定戦は村山のオーバーランで高橋の勝ちとなった。
 決勝は末永(正)vs高山。末永(正)は、このラウンドで投入した3ローターのRX-7が加速・減速・旋回のすべての面で高いパフォーマンスを見せていた。いっぽう高山は、キレのある振り出しからメリハリのある走りを毎回安定して繰り出していた。
 1本目は末永(正)が先行だ。末永(正)は先行時にやや高山を引き離すが、高山もいい走りをして五分。2本目は振り出しからビタビタの接近ドリフトを見せようとした末永(正)が飛び込みで高山に接触してしまってラインを大きく乱し、高山の初優勝が決まった。

  •  Pick Up Battle   末永 正雄 [FD3S] vs 高橋 邦明 [GRX130]

    準決勝では果敢に攻めたが、接触してしまって敗れた高橋(後追い)。振り出す前に一瞬離れたことで、末永(正)のインに入るリズムが合わなかったようだ。
  •  Pick Up Battle   高橋 邦明 [GRX130] vs 村山 悌啓 [S14]

    プライベーター参戦ながらここまで奮戦していた村山だったが、高橋先行の1本目に大きくオーバーランして2ランクのアドバンテージを取られ、高橋が3位を獲得した。

Round 2 Winner - 総合優勝

高山健司
TEAM MORI with GOODYEAR


 去年の最終戦のあとに、そのまま次の日、富士のドリパに行って、課題となっていたセッティングを試して、それでかなりよくなって、今年は基本その状態からスタートできてました。
 富士のときもぜんぜん調子よかったんですけど、ここのコースの攻略はおととしの単走で勝ててるし、去年も練習ではけっこういい走りができてたんですよ。GSでの走りかたもわかってんたんで、それでいけるつもりでした。
 やっと勝てて、うれしいけど、ホッとしてるっていうほうが大きいかもしれないなぁ。チームとか、タイヤメーカーさんにもやっと恩返しができて、でまぁ9年10年ずっと時間も金もかなり使って、家計も圧迫しながらずっとやってきたなかで、ようやくこうやって結果を残せたのがすごいうれしいです。
 これで、このあとのラウンドもなんかいけそうですよね。オートポリスってここと似たような速度域なんで、いけるだろうし、追走も今回かなり練習できて引き出し増えたと思うんですよ。で、その次のエビスはもともと大好きなコースなんで、かなりこのまま調子にのっていっちゃいたいなぁ、と思ってます。

Round 2 Result - 第2戦結果

総合順位
Pos. No. Driver Team Car Color Tire Point
1 5 高山 健司 TEAM MORI with GOODYEAR GRS191 GY 35
2 7 末永 正雄 Team RE雨宮 SUNOCO FD3S 水色 YH 30
3 92 高橋 邦明 GOODYEAR Racing with kunny'z GRX130 GY 27
4 14 村山 悌啓 激☆村山 S14 FD 25
5 25 織戸 学 MAX ORIDO RACING ZN6 緑・黒 YH 22
6 86 日比野 哲也 Team UP GARAGE with DRoo-P ZN6 白・黒 FK 21
7 9 末永 直登 YUKE'S チームオレンジ S15 オレンジ YH 20
8 15 佐久間 達也 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 19
9 51 岩井 照宜 HID MODEL 信玄 & RS Watanabe A35 白・灰 TY/FD 17
10 78 上野 高広 TEAM VERTEX with CAR GUY E92 グレー YH 16
11 6 内海 彰乃 RC926 with TOYO TIRES S15 ベージュ TY 15
12 70 横井 昌志 D-MAX S15 YH 14
13 81 唄 和也 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. RPS13 GY 13
14 2 斎藤 太吾 SUNOCO・PHAT FIVE RACING GSE20 ATR 12
15 1 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING R35 TY 11
16 77 松井 有紀夫 EXEDY R Magic D1 Racing FD3S ピンク FD 10
17 8 時田 雅義 GOODYEAR Racing with ZERO CROWN GRS184 ピンク・黒 GY 8
18 52 田中 裕司 NICHIEI with 魂同組 JZA80 赤・黒 - 7
19 34 手塚 強 GOODYEAR Racing with Bee★R JZX100 GY 6
20 72 西田 ラビー HEYMAN!! with ESR JZX90 ATR 5
21 19 片岡 龍也 Team UP GARAGE with BANDOH JZA80 YH 4
22 99 松川 和也 Team UP GARAGE with DRoo-P AE85 白・黒 FK 3
23 20 大嶋 友浩 ビッグアイランド GZ20 赤・オレンジ YH 2
24 69 匂坂 晋治 チームオレンジ SXE10 - 1
単走順位
Pos. No. Driver Team Car Color Tire Point
1 25 織戸 学 MAX ORIDO RACING ZN6 黒・緑 YH 26
2 51 岩井 照宜 HID MODEL 信玄 & RS Watanabe A35 白・グレー TY/FD 24
3 14 村山 悌啓 激☆村山 S14 FD 23
4 86 日比野 哲也 Team UP GARAGE with DRoo-P ZN6 白・黒 FK 22
5 92 高橋 邦明 GOODYEAR Racing with kunny'z GRX130 GY 21
6 9 末永 直登 YUKE'S チームオレンジ S15 オレンジ YH 20
7 5 高山 健司 TEAM MORI with GOODYEAR GRS191 GY 19
8 78 上野 高広 TEAM VERTEX with CAR GUY E92 グレー YH 18
9 7 末永 正雄 Team RE雨宮 SUNOCO FD3S 水色 YH 16
10 6 内海 彰乃 RC926 with TOYO TIRES S15 ベージュ TY 15
11 70 横井 昌志 D-MAX S15 YH 14
12 81 唄 和也 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. RPS13 GY 13
13 2 斎藤 太吾 SUNOCO・PHAT FIVE RACING GSE20 ATR 12
14 8 時田 雅義 GOODYEAR Racing with ZERO CROWN GRS184 ピンク・黒 GY 11
15 52 田中 裕司 NICHIEI with 魂同組 JZA80 赤・黒 - 10
16 34 手塚 強 GOODYEAR Racing with Bee★R JZX100 GY 9
17 72 西田 ラビー HEYMAN!! with ESR JZX90 ATR 8
18 19 片岡 龍也 Team UP GARAGE with BANDOH JZA80 YH 7
19 99 松川 和也 Team UP GARAGE with DRoo-P AE85 白・黒 FK 6
20 20 大嶋 友浩 ビッグアイランド GZ20 赤・オレンジ YH 5
21 69 匂坂 晋治 チームオレンジ SXE10 - 4
22 1 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING R35 TY 3
23 15 佐久間 達也 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 2
24 77 松井 有紀夫 EXEDY R Magic D1 Racing FE3S ピンク FD 1
チーム順位
Pos. No. Team Car Color Tire Driver Point
1 5 TEAM MORI with GOODYEAR TEAM MORI GS350 GOODYEAR 高山 健司 26
2 7 Team RE雨宮 SUNOCO 雨宮SUNOCO RX-7 水色 YOKOHAMA 末永 正雄 20
3 92 GOODYEAR Racing with kunny'z GOODYEAR Racing 130MARK X G's GOODYEAR 高橋 邦明 15
4 14 激☆村山 激☆村山SPLシルビア FEDERAL 村山 悌啓 10
5 25 MAX ORIDO RACING MAX ORIDO RACING 86 黒・緑 YOKOHAMA 織戸 学 6
6 86 Team UP GARAGE with DRoo-P アップガレージ・ファルケン・HT86 白・黒 FALKEN 日比野 哲也 6
7 9 YUKE'S チームオレンジ Team ORANGE シルビア S15-RB26 オレンジ YOKOHAMA 末永 直登 6
8 15 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS TOYO TIRES DRIFT S15 TOYOTIRES 佐久間 達也 6
9 51 HID MODEL 信玄 & RS Watanabe Make Hirota H.D.O charmant 白・グレー TOYOTIRES/FEDERAL 岩井 照宜 3
10 78 TEAM VERTEX with CAR GUY VERTICE DESIGN D1 BMW グレー YOKOHAMA 上野 高広 3
11 6 RC926 with TOYO TIRES SUNOCO/Diversion/Dixcel SILVIA ベージュ TOYOTIRES 内海 彰乃 3
12 70 D-MAX D-MAX S15 SILVIA YOKOHAMA 横井 昌志 3
13 81 GOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. ORIGIN Labo. 柿本改 180SX GOODYEAR 唄 和也 3
14 2 SUNOCO・PHAT FIVE RACING LEXUS IS350C ATR SPORTS 齋藤 太吾 3
15 1 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING GReddy 35RX Spec-D TOYOTIRES 川畑 真人 3
16 77 EXEDY R Magic D1 Racing EXEDY R Magic ピンク6号 ピンク FEDERAL 松井 有紀夫 3
17 8 GOODYEAR Racing with ZERO CROWN GOODYEAR Racing ZERO CROWN with Bee★R ピンク・黒 GOODYEAR 時田 雅義 1
18 52 NICHIEI with 魂同組 NICHIEI・TMS with 魂同組スープラ 赤・黒 - 田中 裕司 1
19 34 GOODYEAR Racing with Bee★R GOODYEAR Racing JZX100 MarkⅡ GOODYEAR 手塚 強 1
20 72 HEYMAN!! with ESR HEYMAN!! with ESR MarkⅡ ATR SPORTS 西田 ラビー 1
21 19 Team UP GARAGE with BANDOH アップガレージ・スープラ YOKOHAMA 片岡 龍也 1
22 99 Team UP GARAGE with DRoo-P アップガレージ・ファルケン・HT85 白・黒 FALKEN 松川 和也 1
23 20 ビッグアイランド スーパーソアラ 赤・オレンジ YOKOHAMA 大嶋 友浩 1
24 69 チームオレンジ SAGIアルテッツァ - 匂坂 晋治 1

シリーズランキングはコチラ >>>

Page Top Return
Copyright ©  Sunpros Co.,Ltd. All Rights Resarved.