Home > Past Schedule > 2013 Schedule > Tokyo Drift > Rd.6 Report

TOKYO DRIFT
2013 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.6
2013 D1 GRAND PRIX WORLD CHAMPIONS Quick 24
Nov. 9-10 at Odaiba Special Course

◆コースコンディション:ドライ
◆公式入場者数:9日(土)6,406名 10日(日)6,691名

Rd.6 Report

最終戦は川畑真人が優勝して2度目のシリーズチャンピオンに輝く!

Rd.6 Qualify

鋭く振って踏んで行け!

  •  1st   田中 省己 [S15] TAKA Neostyle D-MAX with TOYO TIRES
    「朝イチの練習でぶつかって、そこから引き算で走りを組み立てて、本番まえにセッティング変えたのがバッチリはまりました」という田中(省)がひさしぶりにいい走りで予選を通過した。
  •  2nd   板倉 日出生 [KP61]
  •  3rd   G.Chivchyan [S15]

 最終戦のお台場特設コースは、右まわりながらいちど逆振りを入れてから審判席まえへ飛び込むような新しいレイアウトだ。
 DOSSの得点で配点が大きいのは、振り出しの区間と審判席まえへの飛び込みの区間だ。しかし、このふたつの区間の高得点を両立させるのがややむずかしかったようだ。また審判員による加減点では、審判席まえでラインが小さかったり、最初の振り返しで真っ直ぐめに飛ばしてしまったような選手が多く減点された。いっぽう鋭い振り返しや、そこからいち早くアクセルを踏んで旋回していった選手には加点が与えられた。
 トップ通過したのは2011年のD1SL王者・田中(省)。キレのある振り返しと大きな角度、そこからのアクセルワークなど、レベルの高い走りを見せて最高得点をマークした。また、昨年のD1SLシリーズ2位だった寺町が、直前の本番車のトラブルで今回はそのD1SLマシンを持ち込み、4位に入る得点をゲット。やっと予選通過を果たした。そしてロシアのドリフトチャンピオン、チフチャンが振り出しも減速もアクセルワークもメリハリのある走りをして3位通過した。
 いっぽう練習ではいい走りをしていた熊久保がミスで敗退。高得点をとれる走りを見つけられなかった谷口、エンジン不調でまともにドリフトできなかった野村らも予選不通過となった。

  •  Pick Up  

    練習走行ではいい走りをしていた熊久保だが、2本目にスポンジバリアにテールを引っ掛けて姿勢を乱しクラッシュ。1本目の点数ではボーダーラインに届かず、予選敗退となった。
  •  Pick Up  

    前戦は出走できなかったため、2戦ぶりの登場となった野村だが、エンジンが不調でまったくフケず、審査コーナーを通してまともにドリフトを続けることができないまま、予選敗退となってしまった。
第6戦 予選結果
POS. No. DRIVER CAR BEST
1 22 田中 省己 S15 98.66
2 66 板倉 日出生 KP61 98.34
3 74 G.Chivchyan S15 97.88
4 97 寺町 邦彦 PS13 97.14
5 34 手塚 強 BNR32 96.48
6 51 岩井 照宣 A35 96.48
7 77 松井 有紀夫 FD3S 96.46
8 33 村上 満 RPS13 96.20
▲ 以上 単走ファイナル進出 ▲
9 28 藤尾 勉 ER34 95.90
10 1 熊久保 信重 C33 95.89
11 14 村山 悌啓 S14 95.61
12 52 田中 裕司 JZA80 95.14
13 21 今村 隆弘 FC3S 95.02
14 61 馮 仁稚 S14 94.73
15 58 F.Sceriffo GDB 94.66
16 48 北芝 倫之 S14 94.23
17 69 A.Prakopkong JZZ30 94.19
18 57 廣田 友和 JZX110 94.14
 
POS. No. DRIVER CAR BEST
19 81 唄 和也 RPS13 94.03
20 87 谷口 信輝 ZN6 93.65
21 18 西尾 欣也 Z33 93.42
22 44 河上 善計 S14 93.22
23 59 N.Krepradab FD3S 93.19
24 90 箕輪 慎治 JZX90 93.07
25 43 田所 義文 AE86 92.86
26 72 P.Promsombat S14 92.73
27 5 高山 健司 GRS191 92.38
28 71 D.Toyingcharoen S14 89.17
29 35 春山 隆 C35 88.78
30 67 D.Dorigo GSE20 88.77
31 3 野村 謙 ZN6 86.18
32 73 F.Ilia PS13 85.61
33 27 小橋 正典 CT9A 62.02
- 68 村田 郁雄 JZA80 RETIRE
- 60 S.Pornpatanarak JZX90 除外
- 62 C.Kerdpiam SXE10 除外

Rd.6 Tanso Final

アウトラインを駆け抜けろ!

  •  1st   内海彰乃 [S15] RC926 with TOYO TIRES
    去年の最終戦お台場でも単走優勝している内海。まったくちがうコースレイアウトとなった今年も優勝して、お台場単走2連覇となった。
  •  2nd   E.Amandio [JZX100]
  •  3rd   田中省己 [S15]

 本戦日の天候はくもり。気温は予選日より低く、ややタイヤのグリップに気を使う陽気だった。
 朝のチェック走行では、前日よりレベルの高い走りが見られたが、本番になるとそうもいかなかった。前日いい走りをしていた手塚がいきなりクラッシュして敗退。織戸も1本目にクラッシュして走行不能になり敗退した。
 今回はDOSSの設定がやや辛かったようで、全体的に点数は低めだった。しかし前日トップ通過した田中(省)は、この日も好調で1本目に98.27点を出してトップに立つ。そして次のグループでは内海が高い車速から鋭い振りを見せ、アクセルを存分に踏み込みながらアウトいっぱいのラインをかけぬけて、100.12という高得点をマークした。
 アマンディオも98点台後半を出すが、内海にはおよばない。そして、チャンピオン争いをする、川畑、末永(直)、斎藤らを含むAグループの走行となった。そのなかで最初に走った斎藤が1本目にテールをヒット。2本目もキレのある走りができず、なんと単走敗退。これでチャンピオン争いから脱落する。
 ランキング2位の末永(直)は1本目に堅実な走りで98点台をマークしてトーナメント進出を確実にする。同首位の川畑は1本目が95点台と芳しくなく、2本目に進入でアウトに流されてクラッシュしてしまうが、1本目の点数でかろうじてベスト16に入った。なお、これで川畑は単走のシリーズチャンピオンを獲得した。

  •  Pick Up  

    ロシア選手権チャンピオン、チフチャンは、メリハリのある振り出し、減速、そしてアクセルワークで、初出場ながら追走トーナメント進出を果たした。
  •  Pick Up  

    大会の前に車両が火災に遭い、チームスタッフのD1SL車両を借りて出走した斎藤。本番前に小さなトラブルも多く、練習走行があまりできなかったこともあって、わずかにミスが出てしまった。
第6戦 単走決勝結果
POS. No. DRIVER CAR BEST
1 6 内海 彰乃 S15 100.12
2 55 E.Amandhio JZX100 98.52
3 22 田中 省己 S15 98.27
4 9 末永 直登 S15 98.19
5 11 今村 陽一 S15 97.06
6 23 古口 美範 S15 96.97
7 86 日比野 哲也 ZN6 96.91
8 15 佐久間 達也 S15 96.81
9 70 横井 昌志 S15 96.46
10 74 G.Chivchyan S15 96.32
11 51 岩井 照宣 A35 96.26
12 99 松川 和也 AE85 95.71
13 97 寺町 邦彦 PS13 95.68
14 13 川畑 真人 RPS13 95.64
15 78 上野 高広 E92 95.56
16 92 高橋 邦明 GRX130 95.34
▲ 以上 ベスト16追走トーナメント進出 ▲
 
POS. No. DRIVER CAR BEST
17 77 松井 有紀夫 FD3S 95.14
18 8 時田 雅義 GRS184 94.69
19 66 板倉 日出生 KP61 93.60
20 2 斎藤 太吾 JZX90 92.85
21 7 末永 正雄 SE3P 92.48
22 33 村上 満 RPS13 89.05
23 34 手塚 強 BNR32 85.16
24 25 織戸 学 ZN6 67.46

Rd.6 Tanso Winner

内海 彰乃 [S15] RC926 with TOYO TIRES


 今回ちょっとトラブルが多くって、走りの組み立てが今日のウォーミングアップまで長引くくらいズレこんだんですけど、自分の思う攻めの走りが最後の最後にできました。
 1本目から攻めましたね。それは意識しました。ウォーミングアップで、入りの「パキン」ができるっていう確認ができたんで「ああ、じゃあもうこのままで行こう」っていう。1本目にいい点が出たんで、2本目はまぁちょっと今回は追走もいいところに行きたいな、と思ってたんで、マージンをとりつつ追走を意識した進入をしたんですね。それで組み立てて、それでも98点台の得点が出たんで「まずまず戦えるかな」っていうところで組み立てが終わったかんじでした。

Tanso Series Champion

川畑 真人 [RPS13] Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS


 今年からDOSSによる採点になって、みんな悩まされているようなかんじがあったんですけど、自分としてはそのサーキットを攻略するという考えのほうが強かったんで、DOSSの点数を取りにいくというよりは、カッコいい走りをするっていうほうの攻略に重点を置いていたんで、審判員の加点もとりつつ速度も上げつつっていう、狙いとしてはそんなかんじでしたね。DOSSを気にしないっていったらウソになるんですけど、それよりもカッコよく走るっていうことに重点を置いて走った結果だと思いますね。
 D1の総合ランキングは追走で争われるものですけど、追走っていうのも先行時には単走の走りができてないと相手につけいるスキを与えることになるし、単走ができてからはじめて追走につながって、追走の勝ちが出てくるんで、そういう意味でも単走ができないひとは追走もできない。あたりまえのことなんですけど。そういった意味でもきっちり基本となる単走でイチバンになれたっていうことはうれしいし、自信にもつながりますね。

Rd.6 Tsuiso Tournament

内海、クラッシュの影響で初優勝ならず!

  •  1st   決勝戦 内海彰乃 [S15] vs 川畑真人 [RPS13]
    本調子じゃなかった内海は、川畑のミスで1本目にアドバンテージをとったものの、2本目は本来の走りができず、ミスをした形で敗れてしまった。

 追走トーナメントがはじまった時点では、佐久間、松川らにもチャンピオンの可能性が残っていたが、ベスト16で末永(直)が寺町に勝った時点で、タイトル争いは末永(直)、川畑のふたりに絞られた。そして川畑も田中(省)に勝ち、ベスト8に進出した。
 末永(直)、川畑はそれぞれベスト8でも勝利し、準決勝に進出する。末永(直)の対戦相手は内海だった。この日の内海のスピードは際立っていた、ベスト16、ベスト8で対戦した高橋も佐久間もスピードで圧倒されていた。そして準決勝1本目、やはり先行の内海が強烈なスピードを見せ、末永(直)はインに入れない。内海アドバンテージ。そして2本目、内海は末永(直)についていくが、末永(直)がハーフスピンからもどってきたところで接触、内海が乗り上げる形になってジャンプ! これで勝敗は内海の勝ちになったが、内海はマシンを大きく破損させてしまう。
 いっぽうの川畑vsアマンディオの対戦は、再戦で川畑がアマンディオをスピードで上まわり、勝利。この時点で川畑のシリーズチャンピオンが決まった。3位決定戦は末永(直)がアマンディオのインをきっちり差して勝った。
 決勝までに内海はなんとかマシンを修復し、走れる状態にはなったが、不具合は残っていた。内海先行の1本目は川畑が加速区間でシフトミスし、内海にアドバンテージがついたものの、2本目は低速区間で内海のドリフトが大きく戻り、川畑が逆転勝ち。川畑はチャンピオンにつづいて優勝も決めた。

  •  Pick Up  

    斎藤と同様に、大会まえに本番機が火災に遭ったアマンディオ(先行)。急きょ投入したマシンながらきれいな走りを見せた。しかし、3位決定戦では末永(直)が万全の走りを見せて勝利。
  •  Pick Up  

    ベスト8、アマンディオを相手に猛烈な振り出しを見せたチフチャン(後追い)だったが、競技区間の後半でスピンをしてしまってアドバンテージはとれず、敗れた。

第6戦 追走トーナメント結果

第6戦 マイナー追走結果

Rd.6 Tsuiso WINNER

川畑 真人 [RPS13] Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS


 ベスト16で省己とやるときは「ちょっとイヤだな」っていうのと、スタートまえなんとか緊張をほぐさないと、っていうのは四苦八苦しましたね。けっこうやられるかもしれないなぁ、っていうのがあったし。ただ負けた時点で終わりなんですけど、勝てばその先ラクになるかなぁっていうのもあったんで。で、こらえたかんじですね。
 準決勝では先に末永選手が負けたんですけど、でもそこで自分が負けたら、単走順位が自分のほうが下だったんで(チャンピオン争いは)負けっていうことになっちゃうんで、とにかく勝つしかなかったんで。このときは、なんとかしようっていうスイッチが入ってたんで、負けたことでホッとしたりとかっていうことはいっさいなかったですね。
 決勝は1本目にスタートでちょっとシフトミスしておいていかれてしまって。「これはやっちゃったなぁ」って思ったんですけど、自分が先行のときはきっちりベストの走りをしたら、相手のクルマの調子が悪いこともあって失敗して。まぁ最後まであきらめずに走りきれた結果だなぁ、って思います。

Rd.6 総合順位
Pos. No. Driver Team Car Tire Point
1 13 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS RPS13 TY 26
2 6 内海 彰乃 RC926 with TOYO TIRES S15 TY 23
3 9 末永 直登 YUKE'S チームオレンジ with BEAST EYE S15 YH 20
4 55 Emmanuel Amandio WEDRIFTEAM JZX100 ATR 17
5 11 今村 陽一 nichiei エコバーン with FALKEN S15 FK 14
6 23 古口 美範 Team BOSS ENDLESS with FALKEN S15 FK 13
7 15 佐久間 達也 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 12
8 74 Georgy Chivchyan Primring Russia S15 - 11
9 22 田中 省己 TAKA Neostyle D-MAX with TOYO TIRES  S15 TY 9
10 86 日比野 哲也 Team UP GARAGE with DRoo-P ZN6 FK 8
11 70 横井 昌志 D-MAX S15 NK 7
12 51 岩井 照宣 H.D.O QS 信玄 & RS Watanabe A35 - 6
13 99 松川 和也 Team UP GARAGE with DRoo-P AE85 FK 5
14 97 寺町 邦彦 GOODYEAR RACING with ORIGIN Labo. PS13 GY 4
15 78 上野 高広 TEAM VERTEX E92 YH 3
16 92 高橋 邦明 GOODYEAR Racing with Kunny'z GRX130 GY 2
17 77 松井 有紀夫 EXEDY R Magic D1 Racing FD3S FD 1
18 7 末永 正雄 RE雨宮 SUNOCO with YOKOHAMA SE3P YH 1
19 33 村上 満 team MMM RPS13 FD 1
20 34 手塚 強 GOODYEAR Racing BNR34 with Bee★R BNR32 GY 1
21 8 時田 雅義 GOODYEAR Racing ZEROCROWN with Bee★R GRS184 GY 0
22 66 板倉 日出生 TEAM H.D.O with RS Watanabe KP61 - 0
23 2 斎藤 太吾 PHAT FIVE・SUNOCO・SIS-WORKS JZX90 ATR 0
24 25 織戸 学 DRIVE M7 MAX ORIDO RACING ZN6 YH 0

Series Champion

川畑 真人 [RPS13] Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS


 前のシーズンですかね、かなりズタボロな状態だったんですけど、最後にはシリーズ争いをして、このお台場でまたずっこけてしまって取りこぼしてしまったというすごく悔いの残るシーズンになってしまったんで、今年は取りこぼしがないようにひとつひとつ大事に戦って行こうっていうことを決めてやってきました。
 仲間の力を借りて、D1をやっているとき以外は、とにかく練習、練習の日々で、駒形社長率いるGPスポーツ軍団と呼ばれているメンバーで技術力を上げてきました。そのなかで今回シリーズチャピオンをとることができて、とにかくうれしいです。
 あとスポンサー企業、トーヨータイヤさんをはじめ、いろんなスポンサー様の応援もあって、なんとかここまでくることができました。ファンのみなさんにとにかくいいものを見せたいっていう気持ちで走ってたのが伝わったのかなぁっていうのもあって、自分的には最後優勝で締めくくれてすごい満足してます。
 また来シーズンこういったいい走りがこれからもできるようにがんばっていきますんで、今後とも応援のほうよろしくお願いします。どうもありがとうございました。

シリーズランキングTOP16
Rank. No. Driver Team Car Tire Point
1 13 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS RPS13 TY 100
2 9 末永 直登 YUKE'S チームオレンジ with BEAST EYE S15 YH 92
3 15 佐久間 達也 Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS S15 TY 66
4 2 斎藤太吾 PHAT FIVE・SUNOCO・SIS-WORKS JZX90 ATR 63
5 6 内海 彰乃 RC926 with TOYO TIRES S15 TY 62
6 86 日比野 哲也 Team UP GARAGE with DRoo-P ZN6 FK 60
7 55 Emmanuel Amandio WEDRIFTEAM JZX100 ATR 60
8 70 横井 昌志 D-MAX S15 NK 59
9 99 松川 和也 Team UP GARAGE with DRoo-P AE85 FK 59
10 78 上野 高広 TEAM VERTEX E92 YH 56
11 7 末永 正雄 RE雨宮 SUNOCO with YOKOHAMA SE3P YH 50
12 11 今村 陽一 nichiei エコバーン with FALKEN S15 FK 50
13 8 時田 雅義 GOODYEAR Racing ZEROCROWN with Bee★R GRS184 GY 46
14 23 古口 美範 Team BOSS ENDLESS with FALKEN S15 FK 44
15 92 高橋 邦明 GOODYEAR Racing with Kunny'z GRX130 GY 44
16 25 織戸 学 DRIVE M7 MAX ORIDO RACING ZN6 YH 40
タイヤ = TY:トーヨータイヤ GY:グッドイヤー FK:ファルケン YH:ヨコハマタイヤ ATR:ATRスポーツ NK:ナンカン
Page Top Return
Copyright ©  Sunpros Co.,Ltd. All Rights Resarved.