Home > 2018 Schedule > Qingdao Drift > Rd.3 Report

第3戦 レポートRd.3 Report

日比野が勝ってランキングは大混戦!

決勝戦 表彰式

第3戦 単走予選Rd.3 Tanso Qualify

1セクで基準超えした横井が1位通過!

  • Qualify 1st Place

    横井 昌志 ( D-MAX ) SILVIA [ S15 ]

    横井 昌志

    「振り出しの位置がやや手前になってしまった」という横井だったが、第1セクターと第2セクターで基準超えを果たし、そのあとのセクターでも高得点を出して99.43点を獲得。単走予選1位通過を決めた。

  • Qualify 2nd Place

    E. Amandio SC430 [ UZZ40 ]

    Emmanuel Amandio
  • Qualify 3rd Place

    齋藤 太吾 GT-R [ R35 ]

    齋藤 太吾

  発足3年目となるD1グランプリシリーズインチャイナ。2018年シリーズの第3戦は、山東省の青島市に設置された特設コースが舞台だ。
 今回も金曜日に練習走行が設けられ、土曜日に練習走行と単走予選、日曜日に単走決勝と追走予選と追走決勝トーナメントが実施され、観客が入るのは日曜日のみとなっている。
 青島戦のコースは、加速区間のあとに左コーナーへと振り出すレイアウトとなっているが、第2セクターを通過したあとで2連続の振り返しポイントが設けられているのが特徴だ。
 また、第2セクターにさしかかるところからコンクリートウォールの角度が内向きになっていることと、2連続振り返しの2コ目のコース幅が狭くなってることで、ドライバーにとっては想像以上に狭さをかんじるコース設定だったようだ。
 しかも隣の敷地で高層マンションが建設中だったため、こまかな砂がコース上に四散していてタイヤがグリップしにくい。これにくわえて午後になると競技区間はマンションの影に入ってしまうため、路面温度が低くなって第2セクターでアンダーを出してしまう選手が多かった。
 そのなかで高得点を出してきたのは横井昌志だ。1本目こそ98.93点と、暫定1位の齋藤太吾にはおよばなかったものの、2本目は高い車速から鋭い振り出しを決め、第1セクターと第2セクターで基準超えを達成! 残りのセクターでも高得点をキープして99.43点を獲得し、単走予選トップ通過を決めた。
 2位通過は2本目に豪快な振り出しからアウトいっぱいまで使った旋回を見せ、99.19点を獲得したエマニエル・アマンディオ。3位通過は137.6km/hという高い車速で飛び込み、第1セクターで驚異の25.74点を出した齋藤太吾という結果となった。

  • Qingdao D1 Special Course

    青島D1特設コース

    青島D1特設コース

    外周からインフィールドに入る直前に、2連続の振り返しポイントが設けられているのが特徴だ。またビジョンまえが第4セクターとなっており、そのあとの振り返しは審判員が判定するJ2区間となり、第5セクターを立ち上がったらフィニッシュというレイアウトとなる。

  • Pick Up It !!

    王 祺 SILVIA [ S15 ]

    ワン・チーの走り

    S14シルビアからS15シルビアにマシンチェンジした王祺(ワン・チー)。慣れないマシンに苦戦するかと思いきや、トップスリーの得点にはおよばなかったものの、安定した走りを決めて4位通過を果たした。

  • Pick Up It !!

    張 少華 SILVIA [ S15 ]

    チャン・シャオホアの走り

    練習走行ではやや精彩を欠いたように思えた張少華(チャン・シャオホア)。本番ではいつもの豪快な走りを決めたものの、得点は伸びず95.60点。20位通過という微妙な結果となった。

単走予選 結果

Pos. No. Driver Car Best Score 2nd Score
1 96 横井 昌志 S15 99.43 98.93
2 55 Emmanuel Amandio UZZ40 99.19 97.18
3 99 齋藤 太吾 R35 99.13 97.73
4 77 王 祺 S15 98.13 97.96
5 97 藤野 秀之 RPS13 98.08 97.84
6 61 馮 仁稚 ZN6 97.90 25.05
7 51 夏 昌浩 ZN6 97.51 96.99
8 33 張 盛鈞 F32 97.51 25.63
9 12 Tengku Djan Ley RPS13 97.36 95.94
10 66 劉 舜祺 UZZ40 97.35 96.64
11 89 Chris Forsberg F32 96.81 96.23
12 19 朱 元路 S15 96.80 94.81
13 20 李 科 S15 96.51 95.56
14 52 陳 文謙 S15 96.39 90.35
15 27 銭 洪申 R35 96.35 95.82
16 63 張 浩 SXE10 96.19 93.37
17 92 Pond ZN6 96.10 95.80
18 22 古口 美範 ZN6 96.02 25.28
19 67 林 焔峰 RPS13 95.83 56.38
20 15 張 少華 S15 95.60 94.64
21 13 侯 少瑜 S15 95.27 91.07
22 28 徐 家傑 S15 95.07 94.76
23 58 劉 田楊 E46 93.21 93.11
24 10 李 文峰 S15 92.96 69.12
25 16 方 明 RPS13 92.52 91.15
26 6 李 松陽 S15 90.74 88.67
27 62 廖 志雄 E90 83.20 21.93
28 8 余 孟軒 S15 76.01 24.17
▲ 単走決勝進出 ▲
Pos. No. Driver Car Best Score 2nd Score
29 65 王 志龍 RPS13 25.06 0.00
30 9 趙 暁東 S14 24.96 0.00
- 68 金 毅 ZN6 RETIRE
- 35 楊 洪松 A31 RETIRE
- 18 黄 巨栄 E46 RETIRE
- 59 陳 兆海 E46 RETIRE
- 60 畢 家凱 GRX130 RETIRE

第3戦 単走決勝Rd.3 Tanso Final

昨年の単走王者の意地を見せたマット!

  • Tanso 1st Place

    Matt Field ( FALKEN DRIFT TEAM ) 86 [ ZN6 ]

    マット・フィールドの走り

    1本目はDOSSエラーによってノーカウントとなり、最後尾の走行となったマット・フィールド。そしてその1本目、130km/h台には入らなかったものの、129.0km/hから鋭く振り出し、第2セクターでも白煙もっくもくの豪快なドリフトを決め、すべてのセクターで高得点を獲得! 100点まであとわずかとなる99.69点で単走初優勝を決めた。

  • Tanso 2nd Place

    末永 直登 M3 [ E92 ]

    末永直登
  • Tanso 3rd Place

    日比野 哲也 320 i [ E90 ]

    日比野哲也

  そして5日(日)の決勝日。朝イチの練習走行のあとに単走決勝がおこなわれた。ここでは36名のなかで上位24名が追走進出となり、このうち上位8名は追走予選が免除されて追走決勝トーナメント進出が決定する。
 前日の単走予選とくらべ、全体的に得点はあがってきたものの、追走進出を決める当落のボーダーラインは96点台で、インカットや大きなミスのなかった選手が通過することになった。
 しかし、追走予選が免除となるトップ8の争いは非常にハイレベルな戦いとなり、98点台の後半がボーダーラインとなった。高い車速から鋭く振り出す第1セクターでまず高得点を出し、そのほかのセクターでも高得点をキープしなければならない。
 そんななか最高得点を出したのは、昨シーズンの単走チャンピオン、マット・フィールドだ。1本目に好走を決めつつもDOSSエラーで最後尾にまわり、再走行となったマットは、そのウップンを晴らすかのように129.0km/hからの飛び込みを決め、第1、第2、第5セクターで基準超えを達成! 99.69点で自身初となる単走優勝を決めたのだ。
 これにつづいたのは、毎戦のようにマシンもタイヤもアップデートされており、セッティングも徐々に煮詰めてきた末永直登が99.54点、3位通過は99.48点を出した日比野哲也だ。
 また、単走予選でも好調だった齋藤太吾、エマニエル・アマンディオとつづき、横井昌志、川畑真人、内海彰乃までが追走予選免除となるトップ8での通過を決めた。
 

  • Pick Up It !!

    内海 彰乃 SILVIA [ S15 ]

    内海彰乃

    1本目、車速は116.2km/hとやや伸びなかったものの、第1セクターでは24.89点、第2セクターでは24.60点とまずまずの得点を出し、98.93点を出して暫定4位を獲得。あとで走った選手に抜かれていったはギリギリトップ8に踏みとどまって8位通過を決めた。

  • Pick Up It !!

    エス 180SX [ RPS13 ]

    エス

    1本目で追走進出確定となる98.83点を出していたエスだったが、2本目の飛び込み直後にエンジンルームから出火してスポンジバリアへ! 出火の原因はエンジンブローだったため、追走予選に向けて修復されることとなった。

  • Pick Up It !!

    銭 洪申 SILVIA [ S15 ]

    チェン・ホンシェン

    今回はニューマシンのR35GT-Rを投入し、単走予選を突破していた銭洪申(チェン・ホンシェン)だが、まだセッティングが煮詰められていなかったからか、単走決勝では得点を伸ばすことはできず。ここで敗退した。

単走決勝 結果

Pos. No. Driver Car Best Score 2nd Score
1 90 M. Field ZN6 99.69 97.24
2 56 末永 直登 E92 99.54 99.15
3 95 日比野 哲也 E90 99.48 25.95
4 99 齋藤 太吾 R35 99.38 99.16
5 55 E. Amandio UZZ40 99.28 74.31
6 96 横井 昌志 S15 99.25 98.95
7 98 川畑 真人 RPS13 99.07 25.97
8 93 内海 彰乃 S15 98.93 98.43
▲ 追走決勝トーナメント進出 ▲
9 97 藤野 秀之 RPS13 98.91 98.50
10 91 S RPS13 98.83 25.43
11 66 劉 舜祺 UZZ40 98.62 96.46
12 33 張 盛鈞 F32 98.45 94.99
13 11 趙 梓鈞 FD3S 98.12 98.08
14 15 張 少華 S15 98.06 72.35
15 89 C. Forsberg F32 98.04 96.77
16 52 陳 文謙 S15 97.62 95.69
17 5 伍 家麒 ZN6 97.50 96.71
18 12 Tengku Djan Ley RPS13 97.46 97.36
19 61 馮 仁稚 ZN6 97.34 97.01
20 77 王 祺 S15 97.16 96.83
21 92 Pond ZN6 96.65 91.07
22 6 李 松陽 S15 96.48 90.97
23 58 劉 田楊 E46 96.35 95.74
24 8 余 孟軒 S15 96.21 95.30
▲ 追走予選進出 ▲
Pos. No. Driver Car Best Score 2nd Score
25 19 朱 元路 S15 96.18 93.69
26 27 銭 洪申 R35 96.05 93.25
27 51 夏 昌浩 ZN6 95.54 94.92
28 67 林 焰峰 RPS13 95.33 88.68
29 63 張 浩 SXE10 95.28 94.78
30 13 侯 少瑜 S15 95.26 25.08
31 10 李 文峰 S15 94.19 88.11
32 20 李 科 S15 93.43 24.98
33 16 方 明 RPS13 92.33 22.89
34 28 徐 家傑 S15 92.26 77.73
35 62 廖 志雄 E90 92.08 66.04
36 22 古口 美範 ZN6 90.43 24.42

第3戦 単走優勝Rd.3 Tanso WINNER

Matt Field

FALKEN DRIFT TEAM
86 [ ZN6 ]

マット・フィールド

 去年は単走チャンピオンを取っているし、いいポジションに行けるってのはわかってたから、とうぜん狙っていたよ。マシン的にも勝てるようなセットに仕上がってきたからね。まぁ、それでもやっぱりこうして1位を取れたったのはすごくうれしいよ!
 じつは、金曜日の練習走行でクラッシュしてしまったんだけど、これが結果的にはよかったな〜と思っているんだ。クラッシュしたポイントにはスポンジバリアがあったからマシンに大きなダメージはなかったし、これがあったからこそ「ヤバイな。ちょっとクルマのセットアップを変えないと!」と気がつけたんだよ。

第3戦 追走予選Rd.3 Tsuiso Qualify

好調の張盛鈞が王祺を倒す!

  • Pick Up Battle

    張 盛鈞 425 i [ F32 ] vs 王 祺 SILVIA [ S15 ]

    チャン・ションチュンvsワン・チー

    張盛鈞(チャン・ションチュン)が先行の1本目、単走のときよりも素晴らしい走りを決めた張に対して、後追いの王祺(ワン・チー)は加速区間で大きく引き離されてしまう。王は後半の区間までに接近したものの、張が0.5のアドバンテージをとる。2本目、振り出しではやや離れていた後追いの張だったが、第2セクターで王に接近! そのあとも近い距離をキープし、後追いでもアドバンテージをとった張が追走決勝進出を決めた。

  • チャン・ションチュンvsワン・チー
  • チャン・ションチュンvsワン・チー

  単走決勝で9位から24位になった選手たちが争う追走予選。今回は強豪どうしの組み合わせが多数あったものの、コースの難易度が高かったのか、振り出しから接近するような対戦は少なく、第2セクターで徐々に距離を詰めていく展開が多かった。
 1対戦目は陳文謙(チェン・ウェンチェン)に減点があり、最下位通過の余孟軒(ユー・モンシェン)が後追いで寄せたことで余が勝利した。
 2対戦目は、先行の藤野秀之がストレートで後追いの伍家麒(チャールズ・エン)を引き離していたが、2連続振り返しのあとの第4セクターで距離を詰めて来ていた伍が藤野に接触。これが伍の過失と判定され、藤野が大きくアドバンテージをとる。2本目は徐々に寄せていった藤野が勝った。
 3対戦目は、おたがいにミスがあってイーブンの判定だったが、趙梓鈞(チャオ・ツーチュン)のほうが先行時のランクが高かったため、趙が勝利。
 つづく、張盛鈞(チャン・ションチュン)と王祺(ワン・チー)の対戦は、第2セクターから寄せた張が勝ち、張のチームメイトのクリス・フォースバーグもつぎの組みで、劉田楊(リウ・チィエンヤン)と対戦し、接近度の差をつけて勝ち上がった。
 なお、単走決勝でエンジンブローしたエスは、追走予選までに修復が間に合わずリタイヤしたため、ツンクー・ジャン・レイが不戦勝に。張少華(チャン・シャオホア)と李松陽(リー・ソンヤン)のチームメンバーどうしの対決は、先行でも後追いでもアドバンテージをとった張が勝った。
 追走予選の最終組は劉舜祺(リウ・シュンチー)と馮仁稚(フォン・チェンチー)の戦い。1おhんめは後追いの馮が第2セクターのてまえで劉に接近し、2本目は後追いの劉がスピンしたため、馮が勝ち上がった。
 

  • Pick Up Battle !!

    藤野 秀之 [ RPS13 ] vs 伍 家麒 [ ZN6 ]

    藤野秀之vsチャールズ・エン

    藤野先行の1本目、後追いの伍家麒(チャールズ・エン)は第2セクターで給食に近づいたものの、第4セクターで藤野と接触。けっきょくこの接触によるマイナスランクが響き、藤野が勝ち上がった。

  • Pick Up Battle !!

    趙 梓鈞 [ FD3S ] vs Pond [ ZN6 ]

    ポンvsチャオ・ツーチュン

    1本目はすばらしい走りを決めた趙梓鈞(チャオ・ツーチュン)に対して、後追いのポンは入り込めずイーブンの判定。2本目、後追いの趙も入り込めなかったためイーブンとなったが、先行時の走りで趙がうわまわっていたことで趙が勝った。

  • Pick Up Battle !!

    張 少華 [ S15 ] vs 李 松陽 [ S15 ]

    チャン・シャオホアvsリー・ソンヤン

    チームメイトどうしの対決となったこの戦いだが、1本目は後追いの李松陽(リー・ソンヤン)に振り出し遅れなどのミスがあり、張少華(チャン・シャオホア)のアドバンテージ、2本目も徐々に寄せていった張がアドバンテージをとったことで張が勝った。

追走予選
追走予選

第3戦 追走決勝トーナメントRd.3 Tsuiso Final Tournament

接近度で優った日比野が優勝!

  • Final Battle

    Matt Field 86 [ ZN6 ] vs 日比野 哲也 320 i [ E90 ]

    マット・フィールドvs日比野 哲也

    1本目は、やや浅い角度ながらも第2セクターから寄せた日比野が0.5のアドバンテージを獲得。入れ替えた2本目、先行の日比野がすばらしい走りで8.5の評価を得たのに対して、後追いのマットは詰め寄ることができず、日比野が優勝を決めた。

  • マット・フィールドvs日比野 哲也
  • マット・フィールドvs日比野 哲也

  追走トーナメントの1回戦では、単走上位の内海彰乃と齋藤太吾が敗退するという波乱があったものの、それ以外は順当に勝ち上がる展開だ。
 ベスト8でもこの傾向はつづき、ベスト4には単走優勝を決めたマット・フィールド、単走5位通過のエマニエル・アマンディオ、単走2位通過の末永直登、単走3位通過の日比野哲也が進出を決めた。
 ベスト4のひと組目は、マット・フィールドvsエマニエル・アマンディオ。マットが先行の1本目、後追いのアマンディオは振り出し直後から寄せていったが第2セクターでハーフスピン! 2本目は先行のアマンディオも思い切った飛び込みを決めてきたが、角度がやや乱れたことと、後追いのマットがミスなく走りきったため、マットが決勝進出を決めた。
 ふた組目は末永直登と日比野哲也の戦いだ。1本目は末永が高い車速を生かした鋭い振りから好走を決めてくるが、後追いの日比野も第2セクターで末永を捉え、そのあとのセクターでは近い距離をキープしてアドバンテージを得る。
 2本目は末永も日比野に迫ったが、やや角度が揃えられなかったか、イーブンの判定でアドバンテージをとれず、日比野が勝ちあがった。
 3位決定戦はブレーキトラブルを抱えたエマニエル・アマンディオと、クラッチトラブルを抱えた末永直登の戦い。おたがいにトラブルを抱えた状態だったが、1セット目は甲乙つけがたい走りで再戦に突入!
 その1本目、先行のアマンディオは振り出したあとに流れを止められずクラッシュ! 再戦の2本目は、先行の末永が乱れて接触もあったが、再戦1本目の差で末永が3位入賞を決めた。
 決勝戦はマット・フィールドと日比野哲也の戦いだ。まずはマットが先行の1本目。やや浅い角度ながらも第2セクターから寄せた日比野が0.5のアドバンテージを獲得。入れ替えた2本目、先行の日比野がすばらしい走りで8.5の評価を得たのに対して、後追いのマットは詰め寄ることができず、日比野が優勝を決めた。

  • 3rd Place Battle !!

    E. Amandio [ UZZ40 ] vs 末永 直登 [ E92 ]

    エマニエル・アマンディオvs末永 直登

    再戦の1本目、ブレーキのトラブルが響いたのか、先行のエマニエル・アマンディオは振り出したあとに流れを止めきれずスポンジバリアにクラッシュ! 2本目は先行の末永に乱れがあったこともあって後追いのアマンディオとの接触があったが、こちらはイーブンの判定。1本目の差で末永が勝った。

  • Best 4 Battle !!

    M. Field [ ZN6 ] vs E. Amandio [ UZZ40 ]

    マット・フィールドvsエマニエル・アマンディオ

    1本目、飛び込みからするする〜っと寄せていった後追いのエマニエル・アマンディオだったが、この直後マット・フィールドのうしろにまわりこんでハーフスピン! 2本目は1本目の差を挽回するべくアマンディオも豪快な飛び込みを決めたが、後追いのマットはミスなく落ち着いて走りきり勝利した。

  • Best 4 Battle !!

    末永 直登 [ E92 ] vs 日比野 哲也 [ E90 ]

    末永直登vs日比野哲也

    1本目、ストレートこそやや離されていた日比野だったが、第2セクターで追いつき、そのあとは近い距離をキープして1ランクのアドバンテージを得る。2本目は後追いの末永も近づいたがすこし角度が浅かったのか、イーブンの判定で日比野が決勝進出を決めた。

  • Pick Up Battle !!

    日比野 哲也 [ E90 ] vs 横井 昌志 [ S15 ]

    日比野哲也vs横井昌志

    日比野が先行の1本目。振り出し直後から日比野の懐に入り込もうとした横井だったが、勢いを止めきれず接触! これで足まわりにダメージを負ってしまったのか、横井はスローダウン。大きくアドバンテージを得た日比野が勝ちあがった。

  • Pick Up Battle !!

    末永 直登 [ E92 ] vs 川畑 真人 [ RPS13 ]

    末永直登vs川畑真人

    思ったよりも末永のマシンが速かったのか、後追いの川畑は距離を開けられた状態で振り出し、第4セクターでようやく距離を縮めたがアドバンテージをとることはできず。2本目は末永が接近してアドバンテージを得て勝ちあがった。

  • Pick Up Battle !!

    M. Field [ ZN6 ] vs 藤野 秀之 [ RPS13 ]

    マット・フィールドvs藤野秀之

    1本目の後追いで1.5ランクのアドバンテージを獲得していた藤野だったが、先行時の第4セクターでマットと接触。これが藤野の失速と判定され、逆転でマットがベスト4進出を決めた。

追走決勝トーナメント

第3戦 優勝Rd.3 WINNER

日比野 哲也

SAILUN JINYU DRIFT TEAM
320 i [ E90 ]

日比野 哲也

 単走は…いままで99点は出てても100点とれてなかったから、もう少し奥まで行きたいなって気持ちで行こうと思ったんだけど…直前にコースに出たオイルのことが頭をよぎったよね。それでちょっと怯んでアクセル踏むのが遅れてってかんじだね2本目は…。
 じつは単走のときにクラッチにトラブルが出て、追走までに交換してもらったんだけど、新品を入れてもらったからそれはそれで心配で…。今回はなかで追走をしたワケだけど、なんか気を使いながらやってて、そのぶん集中力が高まってたのかもね。
 しかもベスト16で張さんにぶつけられてアームが曲がっちゃったんだよ。そのあとの横井との接触したのはドアだったから走りに影響はなかったんだけど、それでまた心配事が増えちゃったよね。
 で、つぎは直登でしょ。おれが思うに、今回のなかでイチバン速いクルマだったんじゃないかな? だからちょっとムリしてでも奥まで行ってついていければいいな〜と思ってて、その通りうまくいったかんじだね。そしたらもうあとは、先行でミスなく走れてばって思ってて…。もうこの時間だと路面温度が下がってきててフロントが抜けやすくなるから、フロントが逃げない乗りかたを心がけたよ。
 決勝戦のマットは、直登のクルマとくらべると全体的に速くないから、うしろでくっつきすぎてドリフト戻るってのだけは気をつけようと…。そしたら案の定2セクでちょっと失敗してたでしょ。先行はいつも通りだね。
 追走に入っていきなりクルマがまっすぐ走らないってのはちょっとビビったけど、今回はまぁ…うまくまとめられたかな。サイロンとかガルフの本拠地ってことで、そこで勝てたってのはホントにうれしいよ!

  • The 2nd Place

    Matt Field
    FALKEN DRIFT TEAM
    86 [ ZN6 ]

    マット・フィールド

     正直ここまでここまでこれるなんて…追走で2位になれるとは思っていなかったよ。なぜなら強いひとたちばかりとと対戦してきたからね。
     でも今回は相手がミスしてくれて勝てたところがあったと思う。ぼくはできるだけスムーズでミスのないドライビングを心がけてたのがよかったんだろうね。
     決勝戦での日比野さんの走りはすごくよかったし、彼は優勝すべき走りをしていたと思うよ。決着の差もたったの0.5ランクで、いい走りはできたから悔いはないね。つぎも単走1位で、こんどこそは優勝するよ!

  • The 3rd Place

    末永 直登
    ATLAS TIRES DRIFT TEAM
    M3 [ E92 ]

    末永 直登

     ベスト8で前回負けてしまった川畑選手との対戦になって「これはリベンジするしかないな!」と、気合い入れて走って勝ったのはいいんですけど、そこでクラッチが燃え尽きちゃたみたいで…。
     ボクとしてはテンション上がった状態でベスト4にのぞんだんですけど、ちょっとクルマのほうが半クラがないような状態だったので、ちょっとうまく走れなくて負けてしまいましたね。
     3位決定戦ではチームメイトのディオと走ったんですけど、再戦のときにクラッチが切れなくなって、なんとかごまかして走ったんですけど、まぁディオにはわるいことしたな〜と。タイヤもよくなってクラッチに負担がかかるので、次回はそこも対策してきたいと思います。

第3戦 リザルトRd.3 Results

表彰台 シャンパンファイト

第3戦 最終順位

Pos. No. Driver Team Car Car Color Tire Point
1 95 日比野 哲也 SAILUN JINYU DRIFT TEAM 320 i E90 青・橙 SL 30
2 90 Matt Field FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 25
3 56 末永 直登 ATLAS TIRES DRIFT TEAM M3 E92 黒・赤・白 AT 22
4 55 Emmanuel Amandio ATLAS TIRES DRIFT TEAM SC430 UZZ40 黒・赤・白 AT 20
5 96 横井 昌志 D-MAX SILVIA S15 NK 17
6 98 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUE MAN RACING 180SX RPS13 青・銀 TY 16
7 97 藤野 秀之 Team TOYO TIRES DRIFT WISTERIA RACING 180SX RPS13 青・銀 TY 15
8 11 趙 梓鈞 ATLAS TIRES DRIFT TEAM RX-7 FD3S 黒・赤・白 AT 14
9 99 齋藤 太吾 FAT FIVE RACING GT-R R35 ZT 12
10 93 内海 彰乃 DIXCEL TOYO TIRES SILVIA S15 TY 11
11 33 張 盛鈞 TEAM ZERO MILEAGE LUBRICANT 425 i F32 赤・黒・白 RT 10
12 15 張 少華 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 9
13 89 Chris Forsberg TEAM ZERO MILEAGE LUBRICANT 425 i F32 赤・黒・白 RT 8
14 12 Tengku Djan Ley Team Maxxoil Racing 180SX RPS13 赤・黒 WL・LS 7
15 61 馮 仁稚 FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 6
16 8 余 孟軒 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 5
17 91 S NND 新佰人 DRIFT TEAM with ZC TRADING 180SX RPS13 黒・黄 AC 1
18 66 劉 舜祺 ATLAS TIRES DRIFT TEAM SC430 UZZ40 黒・赤・白 AT 1
19 52 陳 文謙 SHANGHAI DRIFT TEAM SILVIA S15 緑・黒 AC 1
20 5 伍 家麒 RYDANZ TIRES T1 DRIFT TEAM 86 ZN6 白・青・緑 RT 1
21 77 王 祺 RZOIL DRS DRIFT TEAM SILVIA S15 赤・黒 MX 1
22 92 Pond Team TOYO TIRES DRIFT with arto 86 ZN6 白・青 TY 1
23 6 李 松陽 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 1
24 58 劉 田楊 SAILUN JINYU DRIFT TEAM 320 i E46 青・橙 SL 1

TIRES = TY:TOYO TIRES RT:RYDANZ TIRES FK:FALKEN WL:WESTLAKE AT:ATLAS TIRES SL:SAILUN AC:ACHILLES CY:CHAOYANG LS:LANDSAIL MX:MAXXIS NK:NANKANG ZT:ZESTINO

第3戦 単走順位

Pos. No. Driver Team Car Car Color Tire Point
1 90 Matt Field FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 30
2 56 末永 直登 ATLAS TIRES DRIFT TEAM M3 E92 黒・赤・白 AT 25
3 95 日比野 哲也 SAILUN JINYU DRIFT TEAM 320 i E90 青・橙 SL 24
4 99 齋藤 太吾 FAT FIVE RACING GT-R R35 ZT 23
5 55 Emmanuel Amandio ATLAS TIRES DRIFT TEAM SC430 UZZ40 黒・赤・白 AT 22
6 96 横井 昌志 D-MAX SILVIA S15 NK 21
7 98 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUE MAN RACING 180SX RPS13 青・銀 TY 20
8 93 内海 彰乃 DIXCEL TOYO TIRES SILVIA S15 TY 19
9 97 藤野 秀之 Team TOYO TIRES DRIFT WISTERIA RACING 180SX RPS13 青・銀 TY 17
10 91 S NND 新佰人 DRIFT TEAM with ZC TRADING 180SX RPS13 黒・黄 AC 16
11 66 劉 舜祺 ATLAS TIRES DRIFT TEAM SC430 UZZ40 黒・赤・白 AT 15
12 33 張 盛鈞 TEAM ZERO MILEAGE LUBRICANT 425 i F32 赤・黒・白 RT 14
13 11 趙 梓鈞 ATLAS TIRES DRIFT TEAM RX-7 FD3S 黒・赤・白 AT 13
14 15 張 少華 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 12
15 89 Chris Forsberg TEAM ZERO MILEAGE LUBRICANT 425 i F32 赤・黒・白 RT 11
16 52 陳 文謙 SHANGHAI DRIFT TEAM SILVIA S15 緑・黒 AC 10
17 5 伍 家麒 RYDANZ TIRES T1 DRIFT TEAM 86 ZN6 白・青・緑 RT 8
18 12 Tengku Djan Ley Team Maxxoil Racing 180SX RPS13 黒・赤 WL・LS 7
19 61 馮 仁稚 FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 6
20 77 王 祺 RZOIL DRS DRIFT TEAM SILVIA S15 赤・黒 MX 5
21 92 Pond Team TOYO TIRES DRIFT with arto 86 ZN6 白・青 TY 4
22 6 李 松陽 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 3
23 58 劉 田楊 SAILUN JINYU DRIFT TEAM 320 i E46 青・橙 SL 2
24 8 余 孟軒 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 1

TIRES = TY:TOYO TIRES RT:RYDANZ TIRES FK:FALKEN WL:WESTLAKE AT:ATLAS TIRES SL:SAILUN AC:ACHILLES CY:CHAOYANG LS:LANDSAIL MX:MAXXIS NK:NANKANG ZT:ZESTINO

第3戦終了時シリーズランキングSeries Ranking

第3戦終了時トップ8 青島大会参加選手集合写真

ドライバーズランキング

Pos. No. Driver Team Car Car Color Tire Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Total
1 98 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUE MAN RACING 180SX RPS13 青・銀 TY 30 30 16 76
2 95 日比野 哲也 SAILUN JINYU DRIFT TEAM 320 i E90 青・橙 SL 20 25 30 75
3 56 末永 直登 ATLAS TIRES DRIFT TEAM M3 E92 黒・赤・白 AT 17 22 22 61
4 90 Matt Field FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 16 12 25 53
5 91 S NND 新佰人 DRIFT TEAM with ZC TRADING 180SX RPS13 黒・黄 AC 22 17 1 40
6 93 内海 彰乃 DIXCEL TOYO TIRES SILVIA S15 TY 25 1 11 37
7 11 趙 梓鈞 ATLAS TIRES DRIFT TEAM RX-7 FD3S 黒・赤・白 AT 1 20 14 35
8 96 横井 昌志 D-MAX SILVIA S15 NK 15 1 17 33
9 55 Emmanuel Amandio ATLAS TIRES DRIFT TEAM SC430 UZZ40 黒・赤・白 AT 11 20 31
10 97 藤野 秀之 Team TOYO TIRES DRIFT WISTERIA RACING 180SX RPS13 青・銀 TY 15 15 30
11 89 Chris Forsberg TEAM ZERO MILEAGE LUBRICANT 425 i F32 赤・黒・白 RT 14 7 8 29
12 5 伍 家麒 RYDANZ TIRES T1 DRIFT TEAM 86 ZN6 白・青・緑 RT 12 16 1 29
13 33 張 盛鈞 TEAM ZERO MILEAGE LUBRICANT 425 i F32 赤・黒・白 RT 1 14 10 25
14 77 王 祺 RZOIL DRS DRIFT TEAM SILVIA S15 赤・黒 MX 10 10 1 21
15 99 齋藤 太吾 FAT FIVE RACING GT-R R35 ZT 8 12 20
16 15 張 少華 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 8 1 9 18
17 92 Pond Team TOYO TIRES DRIFT with arto 86 ZN6 白・青 TY 11 6 1 18
18 61 馮 仁稚 FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 7 1 6 14
19 66 劉 舜祺 ATLAS TIRES DRIFT TEAM SC430 UZZ40 黒・赤・白 AT 9 1 10
20 23 薛 焜 深圳中铖 DRIFT TEAM SUPRA JZA80 AC 5 5 10
21 22 古口 美範 FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 9 9
22 12 Tengku Djan Ley Team Maxxoil Racing 180SX RPS13 黒・赤 WL・LS 1 7 8
23 8 余 孟軒 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 1 1 5 7
24 10 李 文峰 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 6 6
25 52 陳 文謙 SHANGHAI DRIFT TEAM SILVIA S15 緑・黒 AC 1 1 2
26 13 侯 少瑜 RYDANZ TIRES T1 DRIFT TEAM SILVIA S15 白・青・緑 RT 1 1 2
27 6 李 松陽 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 1 1
28 58 劉 田楊 SAILUN JINYU DRIFT TEAM 320 i E46 青・橙 SL 1 1
29 68 金 毅 SHANGHAI DRIFT TEAM 86 ZN6 黒・緑 FK 1 1
30 27 銭 洪申 上海博大 FALKEN DRIFT TEAM GT-R R35 青・赤 FK 1 1
31 57 蔡 偉揚 広東速飄 DRIFT TEAM SILVIA S15 白・紫 WL 1 1
32 50 陳 暁東 中国改啊 SC DRIFT TEAM 180SX RPS13 WL 1 1

TIRES = TY:TOYO TIRES RT:RYDANZ TIRES FK:FALKEN WL:WESTLAKE AT:ATLAS TIRES SL:SAILUN AC:ACHILLES CY:CHAOYANG LS:LANDSAIL MX:MAXXIS NK:NANKANG ZT:ZESTINO

単走シリーズランキング

Pos. No. Driver Team Car Car Color Tire Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Total
1 98 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT TRUE MAN RACING 180SX RPS13 青・銀 TY 30 30 20 80
2 95 日比野 哲也 SAILUN JINYU DRIFT TEAM 320 i E90 青・橙 SL 25 24 24 73
3 90 Matt Field FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 20 22 30 72
4 56 末永 直登 ATLAS TIRES DRIFT TEAM M3 E92 黒・赤・白 AT 24 14 25 63
5 91 S NND 新佰人 DRIFT TEAM with ZC TRADING 180SX RPS13 黒・黄 AC 22 25 16 63
6 5 伍 家麒 RYDANZ TIRES T1 DRIFT TEAM 86 ZN6 白・青・緑 RT 23 23 8 54
7 33 張 盛鈞 TEAM ZERO MILEAGE LUBRICANT 425 i F32 赤・黒・白 RT 17 17 14 48
8 93 内海 彰乃 DIXCEL TOYO TIRES SILVIA S15 TY 21 6 19 46
9 96 横井 昌志 D-MAX SILVIA S15 NK 19 5 21 45
10 55 Emmanuel Amandio ATLAS TIRES DRIFT TEAM SC430 UZZ40 黒・赤・白 AT 19 22 41
11 97 藤野 秀之 Team TOYO TIRES DRIFT WISTERIA RACING 180SX RPS13 青・銀 TY 21 17 38
12 99 齋藤 太吾 FAT FIVE RACING GT-R R35 ZT 12 23 35
13 89 Chris Forsberg TEAM ZERO MILEAGE LUBRICANT 425 i F32 赤・黒・白 RT 13 11 11 35
14 77 王 祺 RZOIL DRS DRIFT TEAM SILVIA S15 赤・黒 MX 14 16 5 35
15 11 趙 梓鈞 ATLAS TIRES DRIFT TEAM RX-7 FD3S 黒・赤・白 AT 1 20 13 34
16 15 張 少華 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 10 8 12 30
17 92 Pond Team TOYO TIRES DRIFT with arto 86 ZN6 白・青 TY 15 10 4 29
18 66 劉 舜祺 ATLAS TIRES DRIFT TEAM SC430 UZZ40 黒・赤・白 AT 11 15 26
19 12 Tengku Djan Ley Team Maxxoil Racing 180SX RPS13 黒・赤 WL・LS 16 7 23
20 61 馮 仁稚 FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 8 7 6 21
21 13 侯 少瑜 RYDANZ TIRES T1 DRIFT TEAM SILVIA S15 白・青・緑 RT 6 13 19
22 22 古口 美範 FALKEN DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・青 FK 15 15
23 52 陳 文謙 SHANGHAI DRIFT TEAM SILVIA S15 緑・黒 AC 2 10 12
24 27 銭 洪申 上海博大 FALKEN DRIFT TEAM GT-R R35 青・赤 FK 12 12
25 23 薛 焜 深圳中铖 DRIFT TEAM SUPRA JZA80 AC 3 4 7
26 10 李 文峰 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 7 7
27 8 余 孟軒 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 2 3 1 6
28 57 蔡 偉揚 広東速飄 DRIFT TEAM SILVIA S15 白・紫 WL 5 5
29 50 陳 暁東 中国改啊 SC DRIFT TEAM 180SX RPS13 WL 4 4
30 6 李 松陽 ZC RUBBER WESTLAKE DRIFT TEAM SILVIA S15 WL 3 3
31 58 劉 田楊 SAILUN JINYU DRIFT TEAM 320 i E46 青・橙 SL 2 2
32 68 金 毅 SHANGHAI DRIFT TEAM 86 ZN6 緑・黒 FK 1 1

TIRES = TY:TOYO TIRES RT:RYDANZ TIRES FK:FALKEN WL:WESTLAKE AT:ATLAS TIRES SL:SAILUN AC:ACHILLES CY:CHAOYANG LS:LANDSAIL MX:MAXXIS NK:NANKANG ZT:ZESTINO

オフィシャルスポンサーOfficial Sponsors